生年月日データベース

東久邇信彦ひがしくにのぶひこ

皇族・信彦王[日本]

(盛厚王第一子、東久邇家第3代当主、昭和天皇の初孫)

1945年 3月10日

2019年 3月20日 死去享年75歳
東久邇信彦 - ウィキペディアより引用

東久邇 信彦(ひがしくに のぶひこ、1945年(昭和20年)3月10日 - )は、日本の元皇族。
盛厚王第一子。
東久邇家現当主。
皇籍信彦王、身位は王、敬称は殿下。
盛厚王と成子内親王の長男。
出産時は東京大空襲の最中であり、自宅の防空壕の中での誕生となった。
昭和天皇・香淳皇后の初孫でもあった。
1947年(昭和22年)10月14日、祖父・東久邇宮稔彦王が皇族の身分を離脱したため、信彦王も皇室典範(昭和22年法律第3号)第13条により皇籍離脱した(昭和22年宮内府告示第16号)。
当時まだ2歳であった。
皇籍離脱後は、東久邇信彦を名乗り、民間人として生活。
慶應義塾幼稚舎から慶應義塾で学び、慶應義塾大学法学部卒業後は三井銀行に勤務。
財団法人日本タイ協会役員・常務理事、かをり会会員などの要職を歴任した。
2008年(平成20年)6月、全日本野球会議名誉会長に就任。
2009年(平成21年)7月、日米友好の架け橋実行委員会名誉顧問就任。
崇敬会「東郷会」の名誉会長、日本の伝統を守る会の名誉会長も務める。
私生活では、1972年(昭和47年)6月に、島田吉子と結婚。