生年月日データベース

酒井大作さかいだいさく

オートバイレーサー[日本]

1982年 3月12日 生 (満37歳)

酒井 大作(さかい だいさく、1982年3月12日 - )は、大阪府大阪市出身のオートバイ・ロードレースライダー、実業家。
鈴鹿4時間耐久ロードレース最年少優勝。
全日本ロードレース選手権最年少優勝。
2003年よりカワサキの販売会社チームのチームグリーンよりST600クラスに参戦。
鈴鹿サーキットレーシングスクール出身。
実家は鰻卸業「うなぎ卸本舗川善」で、自身も鰻料理店「うな次郎」を大阪市内に経営。
実家が経営する鰻屋の従業員が持っていたポケバイがきっかけで幼少時にバイクと出会う。
1995年、13歳でSP鈴鹿4時間耐久ロードレースで最年少優勝する。
その実績から国際ライセンスに昇格し、全日本ロードレース選手権第7戦鈴鹿大会でのデビュー戦で9位獲得。
1996年全日本ロードレース選手権第10戦TIサーキット英田GP125で最年少優勝。
若手ライダーの選抜・育成するために設立された鈴鹿レーシングスクールを同年卒業。
1999年よりGP250参戦。
8戦7勝するなどヤマハTZが優位だった2001年に、TIサーキット英田で雨のレースを制す。

映像作品

関連書籍

  • タイトル
    RACERS Vol.45 (レーサーズ)
    著者
    発売元
    三栄書房
    ページ数
    98ページ
    発売日
    2017-05-24
    新品価格
    ¥ 1,000
    中古商品
    ¥ 520 より

日本のオートバイレーサー。実業家。1982年3月12日生まれ。大阪府大阪市出身。 オートバイレーサーとして活動する一方、鰻料理店も経営している。2009年には鈴鹿8時間耐久ロードレースで優勝した。 (引用元 Hatena Keyword)