生年月日データベース

真木和まきいずみ

女子陸上長距離選手[日本]

(現姓・山岡。バルセロナ五輪女子1万mとアトランタ五輪女子マラソンで2大会連続出場)

1968年 12月10日

2018年 10月18日 死去享年51歳

真木 和(まき いずみ、1968年12月10日 - )は、日本の元陸上競技(長距離走)およびマラソン選手。
現姓山岡。
愛媛県今治市(旧波方町)出身。
バルセロナオリンピック女子10000mとアトランタオリンピック女子マラソンに、二大会連続で五輪代表に選出など、1990年代前半から後半にかけて活躍した。
現在は、シスメックス女子陸上部顧問・藤田信之が監督として主催する「F・R・A 藤田ランニングアカデミー」のアドバイザリースタッフを務めている。
陸上競技歴(長距離走) 愛媛県立今治北高等学校在籍中から頭角を現し、1987年ワコール入社後は長距離トラック競技(3000m~10000m)や、駅伝競走等でも所属チームの優勝に貢献するなどで活躍する。
1991年、世界陸上東京大会では女子10000mに初めて代表選出される。
他にも五十嵐美紀、松野明美と三選手が代表入りとなる。
松野は予選で落選となったが、真木と五十嵐が決勝進出。
しかし初めての世界大会出場のプレッシャーからか二人とも全く本来の走りが出来ず、真木は20位、五十嵐は16位に終わった。

連想語句
  • 陸上競技
  • マラソン
  • オリンピック
  • 長距離
  • 女子
  • 引退
  • 現役
  • アトランタ
  • アドバイザリー
  • シスメックス
  • スタッフ
  • バルセロナ
  • 世界
  • 大会
  • 監督
  • 藤田信之
  • 選手
  • 選手権
  • 顧問
  • アカデミー
  • ランニング
  • 上部
  • 主催
  • 五輪
  • 代表
  • 出場
  • 前半
  • 後半
  • 恩師
  • 死去
  • 活躍
  • 競走
  • 藤田
  • 連続
  • 選出
  • 陸上