生年月日データベース

ジョージ・アルトマンGeorge Lee Altman

プロ野球選手[アメリカ]

1933年 3月20日 生 (満86歳)

ジョージ・アルトマン - ウィキペディアより引用

ジョージ・アルトマン(George Lee Altman , 1933年3月20日 - )は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州出身の元プロ野球選手(外野手)。
来歴・人物 1955年にシカゴ・カブスと契約。
1959年4月11日にメジャーデビューし、すぐに主力選手として活躍する。
1963年にセントルイス・カージナルス、1964年にニューヨーク・メッツに移籍。
1965年に古巣カブスに復帰。
カブス時代はアーニー・バンクスの後の5番を打ち、記録の援護をした選手として知られた。
メジャーでの愛称は「ビッグジョージ」。
1968年、東京オリオンズ(現:千葉ロッテマリーンズ)に入団。
同年は打率.320、34本塁打、100打点の好成績を挙げてチームの勝利に貢献。
打点王とベストナインに輝いた。
1970年・1971年には2年連続ベストナインに輝いた。
1974年には6試合連続本塁打のリーグ記録を樹立。
1974年まで常に20本塁打以上を放ち、チームの主砲として貢献した。
1974年に試合中に倒れ、途中交代。
その後、初期の大腸癌が発見され、オリオンズは本人の健康状態を考えて解雇した。

映像作品

George Lee Altman MLB選手、プロ野球選手。 左投左打、ポジションは外野手。背番号は7番。 1933年3月20日生まれ。米国ノースカロライナ州出身。 テネシー農工大から1959年、シカゴ・カブス、1963年セントルイス・カージナルスで活躍。 1964年、ニューヨーク・メッツに移籍。1965年、シカゴ・カブスに復帰。 1968年、東京オリオンズに入団。1年目から活躍し、打点王を獲得。 アート・ロペス?と共にチームを支え、1970年のパ・リーグ優勝に大きく貢献した。 1974年には有藤道世、山崎裕之、弘田澄男、ジム・ラフィーバーらと共に打線の中軸として活躍。 ロッテオリオンズのパ・リーグ優勝、日本一に貢献した。 1975年、大腸ガンのために退団、しかしテスト入団を経て、阪神タイガースに移籍。 同年、現役引退。ベストナイン3度受賞。 現在はシカゴで大豆の相場師を務めている。 オリオンズ史上屈指の優良外国人選手である。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • アメリカ
  • タイトル
  • ノースカロライナ州
  • プロ野球
  • 合衆国
  • 外野手
  • 年度
  • 成績
  • 打撃
  • 背番号
  • 表彰
  • 記録
  • 詳細
  • 選手
  • 関連
  • アルトマン
  • カブス
  • シカゴ
  • ジョージ
  • リー
  • 出身
  • 野球