生年月日データベース

小泉八雲こいずみやくも

作家[ギリシャ→日本]

(英名:ラフカディオ・ハーン)

1850年 6月27日

1904年 9月26日 死去狭心症享年55歳
小泉八雲 - ウィキペディアより引用

映像作品

関連書籍

音楽作品

DMMメディア

  • 歌劇「明治東亰恋伽〜月虹の婚約者〜」
  • 歌劇「明治東亰恋伽〜月虹の婚約者〜」 (ブルーレイディスク)
  • 怪談<東宝DVD名作セレクション>
  • 秘密結社 鷹の爪NEO 3
  • 耳なし芳一 怨霊姫
  • 伊藤の話
  • 日本怪談劇場 DVD-BOX
  • つゆのひとしずく〜「植田正治」の写真世界を彷徨う〜
  • 怪談
  • 小泉八雲、開かれた精神(オープン・マインド)の航跡。 小泉八雲記念館図録
  • 神道とは何か 小泉八雲のみた神の国、日本 日本語と英語で読む
  • ふりむけばそこにいる 奇譚蒐集家小泉八雲
  • 卓上 文豪とアルケミスト -い- 2018年カレンダー
  • へるん先生の汽車旅行 小泉八雲と不思議の国・日本
  • ジョウゼフ・コンラッドの比較文学的世界 村上春樹・宮崎駿・小泉八雲・C.ディケンズ・H.ジェイムズ・O.パムク
  • 小泉八雲 日本の面影
  • 小泉八雲 日本を見つめる西洋の眼差し 作家・ジャーナリスト〈ギリシャ、日本〉
  • 小泉八雲 日本の面影 日本人の優しさを愛する
  • へるん先生の汽車旅行 小泉八雲、旅に暮らす
  • 古事記と小泉八雲
  • 小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の『怪談』で英語を学ぶ 完全新訳
  • 小泉八雲集
  • 〈転生〉する物語 小泉八雲「怪談」の世界
  • ヘルンさん言葉の世界 小泉八雲の日本語と明治期の日本語教育をめぐって
  • 怪談 新装版
  • めいこいキャラクターソングシリーズ ロマネスクレコード2 其ノ陸 摩訶不思議アパリション/立花慎之介(小泉八雲)
  • 柳家喬太郎/柳家喬太郎・落語集〜アナザーサイドVol.5
  • 山本恭司/Lafcadio
  • めいこい音声劇場 安眠シチュエーションCDシリーズ(6)グッナイ・プレザント・ドリーム 〜小泉八雲編〜
  • 柳家喬太郎/柳家喬太郎落語集〜アナザーサイドVol.4
  • めいこい キャラクターソングシリーズ ロマネスクレコード 其ノ参/福山潤(藤田五郎)/立花慎之介(小泉八雲)
  • 舘野泉/EMIレコーディングス・コンプリートBOX
  • 「季刊・オーディオアクセサリー」プレゼンツ 旬の音本舗 福田屋 クラシック優秀録音セレクション
  • DEARS怪談物語〜小泉八雲の章〜下巻
  • DEARS怪談物語〜小泉八雲の章〜上巻/若本規夫/松岡由貴/後藤邑子/能登麻美子
  • 上原まり/小泉八雲の世界(4)妖音の章
  • 上原まり/小泉八雲の世界(3)夢幻の章
  • 上原まり/小泉八雲の世界(2)亡霊の章
  • 上原まり/小泉八雲の世界(1)怪異の章
  • NHKにほんごであそぼ かぞえてナンボ編
  • 上原まり/耳なし芳一

こいずみやくも [生]嘉永3(1850).6.27.ギリシア,レフカス[没]1904.9.26.東京文学者,随筆家。本名LafcadioHearn。父はイギリス人,母はギリシア人。アメリカに渡って新聞記者生活をおくり,ヨーロッパ文学の新しい潮流をアメリカに紹介,文芸評論家としても活躍。その後『西印度諸島の2年間』TwoYearsintheFrenchWestIndies(1884)を発表して東洋への関心を深め,1890年来日,島根県松江中学の英語教師となった。同年小泉セツと結婚,日本に帰化し,熊本の第五高等学校講師(91),『神戸クロニクル』紙記者(94),東京大学文学部講師(96~1903),早稲田大学講師(04)を歴任した。日本の各地を渡り歩いて,『知られざる日本の面影』GlimpsesofUnfamiliarJapan(1894),『心』Kokoro(96),『仏の畑の落穂』GleaningsinBuddha-Fields(97)などで日本の風土と心を紹介する一方,日本の伝説に取材した『怪談』Kwaidan(1904)で物語作者としての才能も発揮した。彼の愛したのは儒教的礼節,神道的祖先崇拝,仏教的宿命観に裏づけられた前近代的な日本人であったが,絶えず認識を改めつつ東西文化の比較のうえで日本人をとらえ西洋に紹介した功績は大きい。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 日本
  • イギリス
  • 大久保
  • 新宿区
  • 東京
  • 多摩
  • 学者
  • 小説家
  • 東京都
  • 民俗
  • 随筆家
  • 雑司
  • 霊園
  • 国籍
  • 墓地
  • 大久保町
  • 期間
  • 活動
  • 職業
  • 西大久保