生年月日データベース

カールハインツ・ベームKarlheinz Böhm

俳優[オーストリア]

1928年 3月16日

2014年 5月29日 死去享年87歳
カールハインツ・ベーム - ウィキペディアより引用

カールハインツ・ベーム(Karlheinz Böhm, 1928年3月16日 - 2014年5月29日)は、ヘッセン州ダルムシュタット生まれのオーストリアの俳優。
日本では他にカール・ハインツ・ベーム、カール=ハインツ・ベーム、カール・ベームの表記もある。
父は名指揮者のカール・ベーム、母はオペラ歌手。
映画監督を志しカール・ハートル監督に師事したが、俳優に転向した。
それからは旧西ドイツ映画をはじめ、ハリウッド映画、フランス映画、イギリス映画、アメリカのテレビドラマに出演し、国際的に活躍した。
『プリンセス・シシー』3部作(1955年~57年)ではロミー・シュナイダー扮するシシー(エリザベート)の夫フランツ・ヨーゼフ1世を演じ、映画の大ヒットと共に一躍脚光を浴びた。
この作品は現在でもドイツではDVD化され、人気の高い作品である。
その後も、1959年の『未完成交響楽』では報われない恋に苦悩するシューベルトを、1960年の『血を吸うカメラ』では幼少期の父親による心理実験の犠牲になった主人公の青年、1961年の『ベートーヴェン/気骨の楽聖』ではベートーヴェン、1962年の『不思議な世界の物語』ではグリム兄弟の兄ヤーコプなど様々な役を演じている。

映像作品

連想語句
  • カール
  • 映画
  • ベーム
  • 俳優
  • 出演
  • アメリカ
  • イギリス
  • オーストリア
  • ダルムシュタット
  • テレビドラマ
  • ドイツ
  • ハインツ
  • ハリウッド
  • ハートル
  • フランス
  • ヘッセン
  • 作品
  • 監督
  • 西
  • オペラ
  • 師事
  • 指揮者
  • 日本
  • 歌手
  • 活躍
  • 転向