生年月日データベース

ワンダ・ウィウコミルスカWanda Wiłkomirska

バイオリン奏者[ポーランド]

1929年 1月11日

2018年 5月1日 死去享年90歳
ワンダ・ウィウコミルスカ - ウィキペディアより引用

ワンダ・ウィウコミルスカ(ポーランド語: Wanda Wiłkomirska, 1929年1月11日 – )はポーランドのヴァイオリニスト・音楽教師。
古典的なレパートリーと、現代音楽の解釈で名高く、タデウシュ・バイルトやクシシュトフ・ペンデレツキらの作品を含む多くの同時代の音楽の世界初演を行い、現代ポーランドの音楽を世界中に普及させた貢献によりポーランド政府から受勲した。
現在はオーストラリア在住で、1734年製のグァルネリを愛用している。
父親からヴァイオリンの手解きを受けた後、ウージ音楽院にてイレーナ・ドゥビスカに師事して1947年に卒業する。
ブダペスト・リスト音楽院に留学して、イェネー・フバイ門下のエデー・ザトゥレツキに師事して1950年に卒業した。
パリで演奏会を行うと、ヘンリク・シェリングに誘われその薫陶を受けた。
この間1946年にジュネーヴで、1949年にブダペストで、1950年にライプツィヒで行われたコンクールに入賞してから、ワルシャワでタデウシュ・ヴロインスキに師事して、ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクールへの出場に向けて準備を整えた。

連想語句
  • 音楽
  • ポーランド
  • 作品
  • 初演
  • 現代
  • オーストラリア
  • クシシュトフ
  • グァルネリ
  • タデウシュ
  • バイルト
  • ペンデレツキ
  • ヴァイオリニスト
  • ヴァイオリン
  • 世界
  • 録音
  • イレーナ
  • ウッチ
  • ウージ
  • ドゥ
  • ビスカ
  • ピエトロ
  • レパートリー
  • 受勲
  • 同時代
  • 在住
  • 多く
  • 師事
  • 愛用
  • 手解き
  • 政府
  • 教師
  • 晩年
  • 普及
  • 父親
  • 解釈
  • 貢献
  • 音楽院