生年月日データベース

片桐貞隆かたぎりさだたか

戦国武将、大和小泉藩初代藩主[日本]

(永禄3年7月3日生)

(ユリウス暦) 1560年 7月25日

1627年 11月8日 死去享年68歳

安土桃山・江戸初期の大名。大和国小泉藩初代当主。近江国生。父は直貞、兄は且元、石州は子。初名は久盛、のち政盛・光長、通称は加兵衛。はじめ豊臣秀吉に仕え、小田原陣や朝鮮出兵に従軍し、播磨国内で一万石を知行、のち大和国小泉一万石に移る。秀吉歿後、兄且元とともに豊臣秀頼に仕えたが、方広寺鐘名事件で退去、茨木城に移る。大坂夏の陣後、加増を受けた。寛永4年(1627)歿、68才。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 慶長
  • 戦い
  • 家康
  • 所領
  • 播磨
  • 文禄
  • 大坂夏の陣
  • 大津
  • 大野治長
  • 小田原
  • 征伐
  • 徳川家康
  • 徳川秀忠
  • 方広寺
  • 次男
  • 江戸
  • 片桐
  • 片桐且元
  • 直貞
  • 藩主
  • 豊臣秀吉
  • 豊臣秀頼
  • 関ヶ原
  • 駿府
  • これ
  • その子
  • 五千石
  • 内通
  • 加増
  • 口添え
  • 和国
  • 問題
  • 噴出
  • 国内
  • 大坂
  • 大坂の陣
  • 大御所
  • 契機
  • 安堵
  • 将軍
  • 小泉
  • 征夷大将軍
  • 従軍
  • 持ち主
  • 気性
  • 没後
  • 治長
  • 知行
  • 秀吉
  • 秀頼
  • 西軍
  • 豊臣
  • 豊臣氏
  • 鐘銘