生年月日データベース

伊原昭いはらあき

文学者[日本]

(本名・昭子、古典文学で描かれた色彩について研究)

1917年 10月24日

2018年 5月20日 死去老衰享年102歳

■ 関連書籍

の言及 【黄】より …しかも,それを裏書きする証拠も現に提出されている。伊原昭《万葉の色相》は,万葉集に〈いろ〉とよまれている用語例を調査して,用例を系統別にみると赤系統が54例であるのに対して,黄系統は1例にすぎないと述べている。その唯一例とは,〈白細砂(しらまなご)三津の黄土(はにふ)の色にいでて云はなくのみぞわが恋ふらくは〉(巻十一)の黄土色をさす。… ※「伊原昭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 文学
  • 色彩
  • 笠間書院
  • 日本
  • 用語
  • 集成
  • 古典
  • 受賞
  • 学会
  • 平安
  • 笠間
  • 色相
  • 著書
  • 風俗
  • エイボン
  • 万葉
  • 上代
  • 中世
  • 中古
  • 博士
  • 叢書
  • 和洋女子大学
  • 国立国会図書館
  • 女性
  • 年度
  • 教授
  • 日本大学
  • 東京女子大学
  • 江馬
  • 眞造
  • 選書
  • 野口
  • 中公
  • 主査
  • 作品
  • 修了
  • 出版
  • 助教授
  • 卒業
  • 名誉教授
  • 和歌
  • 国文科
  • 大学
  • 大学院
  • 奨励金
  • 女学院
  • 学部
  • 定年
  • 散文
  • 文芸
  • 新書
  • 日大
  • 昭子
  • 朝日
  • 本名
  • 染色
  • 梅光
  • 死去
  • 法文
  • 王朝
  • 老衰
  • 背景
  • 解説
  • 記念
  • 退任
  • 鎌倉市