生年月日データベース

内柴正人うちしばまさと

柔道家、犯罪者[日本]

(アテネ・北京五輪金メダル、準強姦で実刑判決を受け服役)

1978年 6月17日 生 (満40歳)

内柴正人 - ウィキペディアより引用

内柴 正人(うちしば まさと、男性、1978年6月17日 - )は、日本の柔道家(五段)。
学位は学士(体育学)(国士舘大学・2001年)。
元九州看護福祉大学客員教授。
オリンピックの柔道男子66kg級で2連覇を達成した。
熊本県合志市出身、同県玉名市在住。
9歳で柔道を始める。
そのきっかけは「兄にケンカで勝つため」だった。
得意技は巴投。
尊敬する選手は野村忠宏。
身長160cm、体重66kg。
血液型はB型。
国士舘高等学校を経て国士舘大学卒業後、旭化成に入社した。
2004年に開催されたアテネオリンピックや、2008年に開催された北京オリンピックでは、それぞれ柔道男子66kg級にて金メダルを獲得した。
その後、競技生活も晩年に差し掛かる2009年より、指導者も務めるようになった。
旭化成を2010年末に退社後、九州看護福祉大学にて客員教授に就任し、2011年1月から11月29日まで同職を務めた。
中学時代から頭角を現し、パワーとスタミナのある攻めを生かし男子60kg級で活躍。
オリンピック金メダリストの野村忠宏を追う存在として期待を集めた。

映像作品

関連書籍

うちしば-まさと 1978-平成時代の柔道選手。昭和53年6月17日生まれ。東京の国士舘高から国士舘大にすすみ,斎藤仁に指導をうける。平成13年ユニバーシアード大会60kg級で優勝,14年講道館杯では野村忠宏に勝ち優勝。減量にくるしみ,15年66kg級に変更し,講道館杯優勝。16年ドイツ国際,全日本選抜に優勝し,同年アテネ五輪で金メダルを獲得。20年北京五輪で2連覇。23年九州看護福祉大学客員教授。同年コーチを務めていた大学女子柔道部部員に対する準強姦容疑で逮捕。25年全日本柔道連盟から会員登録永久停止処分。26年4月懲役5年の実刑判決が確定。熊本県出身。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • オリンピック
  • 柔道
  • アテネ
  • 九州看護福祉大学
  • 事件
  • 剥奪
  • 北京
  • 合志市
  • 客員
  • 巴投
  • 引退
  • 教授
  • 栄典
  • 準強姦
  • 熊本県
  • 玉名市
  • 現在
  • 賞詞
  • 釈放
  • 関連
  • きっかけ
  • キルギス
  • コーチ
  • ブラジリアン
  • リスト
  • 出身
  • 同県
  • 喧嘩
  • 在住
  • 大学
  • 女子
  • 尊敬
  • 得意技
  • 柔術
  • 柔術家
  • 柔道家
  • 男子
  • 監督
  • 連盟
  • 選手
  • 金メダル