生年月日データベース

金子兜太かねことうた

俳人[日本]

1919年 9月23日

2018年 2月20日 死去急性呼吸促迫症候群享年100歳
金子兜太 - ウィキペディアより引用

映像作品

関連書籍

DMMメディア

  • 金子兜太の世界
  • 兜太 Vol.1(2018sept.)
  • 金子兜太 私が俳句だ
  • 金子兜太のことば
  • 朝日俳壇 2017
  • 朝日俳壇 2016
  • 存在者金子兜太
  • 他流試合 俳句入門真剣勝負!
  • いま、兜太は
  • あの夏、兵士だった私 96歳、戦争体験者からの警鐘
  • 金子兜太の俳句入門 鑑賞する楽しみつくる愉しさ
  • 金子兜太いとうせいこうが選んだ「平和の俳句」
  • 俳句歳時記
  • 朝日俳壇 2015
  • 転換の時代の俳句力 金子兜太の存在
  • 朝日俳壇 2014
  • 他界

【かねことうた】 俳人。埼玉県生れ。東大経済学部卒。1974年まで日本銀行勤務。学生時代は加藤楸邨に師事,《寒雷》に作品を発表。1955年第1句集《少年》刊行。1956年現代俳句協会賞受賞。1960年代には前衛俳句運動の旗手と目された。1962年《海程》を創刊・主宰。1996年《両神》で詩歌文学館賞を受賞。他の句集に《暗緑地誌》《遊牧集》《皆之》など,評論に《造型俳句六章》《定型の詩法》《種田山頭火》《小林一茶》などがある。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 俳句
  • 会長
  • 協会
  • 現代
  • 上武大学
  • 作品
  • 俳人
  • 俳書
  • 俳論
  • 共著
  • 功労者
  • 加藤楸邨
  • 受賞
  • 句集
  • 名誉
  • 寒雷
  • 対談
  • 小林一茶
  • 文化
  • 文学部
  • 日本芸術院
  • 栄典
  • 海程
  • 社会性
  • 種田山頭火
  • 著作
  • 著書
  • 運動
  • 随筆
  • 両面
  • 主宰
  • 会員
  • 出身
  • 前衛
  • 創刊
  • 埼玉県
  • 実作
  • 師事
  • 役割
  • 後進
  • 戦後
  • 所属
  • 教授
  • 歴任
  • 活動
  • 理論
  • 研究家