生年月日データベース

赤松満祐あかまつみつすけ

守護大名[日本]

(「嘉吉の乱」で、将軍・足利義教を謀殺、弘和元年生)

1381年

(ユリウス暦) 1441年 9月25日 死去自害享年61歳

■ 関連書籍

あかまつみつすけ [生]文中2=応安6(1373)/弘和1=永徳1(1381)[没]嘉吉1(1441).9.10.播磨,城山室町時代中期の武将。播磨の守護大名義則の子。左京大夫。大膳大夫。応永34(1427)年父義則が死去した跡を継いで播磨,備前,美作の守護となったが,同族の赤松持貞(満祐の祖父則祐の兄弟貞範の孫)が将軍義持の寵を受け,義持は播磨を御料国(将軍の直轄領)としてその代官職を持貞に預けようとした。満祐は怒って都の自邸を焼いて本国播磨に帰り,坂本城に拠って幕府に叛した。義持は,山名時煕,一色義貫らに命じて満祐を討たせようとしたが,管領畠山満家以下の諸将は満祐に同情的であり,そのうえ持貞と義持の側室の一人との密通が露見して持貞は自害させられ,満祐は満家のとりなしで許された。同年12月満祐は上洛,義持に謁して謝罪し,剃髪して性具と称した。翌正長1(28)年1月義持が急逝して弟義教が将軍になり,満祐は8月侍所頭人に任じられたが,この年播磨にも大規模な土一揆が発生し(→正長の一揆),満祐は下国して鎮定した。義教は,赤松貞村(持貞の甥)の娘が側室となったところから貞村を重んじるようになり,これに満祐の父義則勲功の地を与えようとしたこと,義教に専制のふるまいが多かったことなどから,義教と満祐との対立が次第に激しくなり,満祐は永享12(40)年から出仕しなくなった。満祐は結城合戦戦勝の祝宴に託して,嘉吉1(41)年6月京都の自邸に義教を招き,殺害した。次いで自邸を焼いて播磨に帰り,坂本城に拠ったが幕府の追討軍に敗れ,さらに城山城も落城,嫡男教康を脱出させて自殺(→嘉吉の乱)。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 関連
  • 作品
  • 侍所
  • 備前
  • 出典
  • 家督
  • 将軍
  • 応安
  • 播磨
  • 文中
  • 時代
  • 暗殺
  • 最期
  • 有馬持家
  • 注釈
  • 生涯
  • 相続
  • 祐尚
  • 美作
  • 義教
  • 赤松義則
  • 逸話
  • 兄弟
  • 則繁
  • 嫡男
  • 守護
  • 従兄弟
  • 教康
  • 満政
  • 生年
  • 祐之
  • 義雅
  • 赤松
  • 赤松則繁
  • 赤松教康
  • 赤松満政
  • 赤松義雅
  • 頭人