生年月日データベース

赤松教康あかまつのりやす

武将[日本]

(「嘉吉の乱」で、将軍・足利義教を謀殺、応永30年生)

1423年

(ユリウス暦) 1441年 10月13日 死去自害享年19歳

あかまつ-のりやす 1423-1441室町時代の武将。応永30年生まれ。赤松満祐(みつすけ)の長男。父や叔父の則繁(のりしげ)と将軍足利義教(よしのり)を暗殺し(嘉吉(かきつ)の乱),父とともに播磨(はりま)(兵庫県)城山(きのやま)城にたてこもる。のち幕府の追討軍に敗れ,伊勢(いせ)(三重県)の北畠教具(のりとも)をたよったが,その地で嘉吉元年9月28/29日自害した。19歳。通称は彦次郎。別名に教祐(のりすけ)。 (引用元 コトバンク)

「赤松教康」と関連する人物

連想語句
  • 生涯
  • 嘉吉
  • 山名
  • 播磨
  • 但馬
  • 偏諱
  • 元服
  • 出典
  • 叔父
  • 吉川経信
  • 大将
  • 宗全
  • 将軍
  • 幕府
  • 暗殺
  • 武田信賢
  • 細川持常
  • 註釈
  • 赤松
  • 赤松則繁
  • 赤松貞村
  • 足利義教
  • とき
  • 丸塚
  • 侵入
  • 元年
  • 前日
  • 和坂
  • 坂本
  • 増水
  • 多く
  • 帰国
  • 役割
  • 戦死
  • 持常
  • 撤退
  • 教康
  • 方面
  • 武将
  • 満祐
  • 細川
  • 義教
  • 追討