生年月日データベース

アレクサンドラ・マリア・ララAlexandra Maria Lara

女優[ルーマニア]

1978年 11月12日 生 (満40歳)

アレクサンドラ・マリア・ララ - ウィキペディアより引用

アレクサンドラ・マリア・ララ(ドイツ語:Alexandra Maria Lara、1978年11月12日 - )は、ルーマニア・ブカレスト生まれの女優である。
本名はアレクサンドラ・プラタレアヌ(ルーマニア語:Alexandra Plătăreanu)。
ドイツで活躍している。
父親はブカレスト国立劇場の副代表を務める有名な俳優、母親は言語学者であったが、彼女が4歳のとき、チャウシェスク政権を逃れて西ドイツに移住。
フライブルクとベルリンで育つ。
ギムナジウムを卒業後、父親がベルリンに設立した演劇学校で学ぶ。
11歳から数多くのテレビドラマに出演し、1999年に映画デビュー。
2004年、ヒトラーの秘書トラウデル・ユンゲを演じた『ヒトラー 〜最期の12日間〜』で高い評価を得た。
2005年には大衆紙『ビルト』により「最も美しいドイツ人」に選ばれている(彼女は民族的にはルーマニア人であるが)。
2007年にはフランシス・フォード・コッポラ直々のオファーで『コッポラの胡蝶の夢』への、そしてテオ・アンゲロプロスの『The Dust of Time』にも出演が決まっている。

映像作品

関連書籍

DMMメディア

Alexandra Maria Lara 俳優、女優 1978年11月12日、ルーマニア/ブカレスト生まれ 生名:Alexandra Maria Platareanu 身長:174 cm (引用元 Hatena Keyword)

「アレクサンドラ・マリア・ララ」と関連する人物

連想語句
  • ドイツ
  • ブカレスト
  • ベルリン
  • 出演
  • ギムナジウム
  • チャウシェスク
  • ヒトラー
  • フライブルク
  • ルーマニア
  • 作品
  • 俳優
  • 父親
  • 西
  • とき
  • アドルフ
  • アレクサンドラ
  • イム
  • ガウ
  • テレビドラマ
  • デビュー
  • トラウデル
  • ニコラエ
  • ブライス
  • プラタレアヌ
  • 代表
  • 劇場
  • 卒業
  • 国立
  • 女優
  • 学校
  • 学者
  • 彼女
  • 政権
  • 映画
  • 有名
  • 本名
  • 母親
  • 活躍
  • 演劇
  • 秘書
  • 移住
  • 言語
  • 設立