生年月日データベース

梅棹忠夫うめさおただお

生態学者、民俗学者[日本]

1920年 6月13日

2010年 7月3日 死去享年91歳

■ 関連書籍

うめさおただお [生]1920.6.13.京都,京都[没]2010.7.3.大阪民族学者,文化人類学者。日本の文化人類学の先駆者で,梅棹文明学と称されるユニークな文明論を展開した。1943年京都帝国大学理学部卒業。同大学で動物生態学を専攻したが,1944年今西錦司率いる大興安嶺探検隊に参加し,中国東北部や内モンゴルなどを探検した。1949年大阪市立大学助教授に就任。1955年に京都大学総合学術調査隊(カラコルム・ヒンドゥークシ学術探検隊)に参加してアフガニスタンでモゴール族の調査を行ない,しだいに文化人類学へと転じた。その成果をまとめた『モゴール族探検記』(1956)はベストセラーになった。1957年に『文明の生態史観序説』を発表,生態系に基づいた多系的な文明発展のパターンを示した世界史観は,従来の西欧型の短系的な歴史観に大きな衝撃を与えた。1965年京都大学助教授,1969年同教授。国立民族学博物館の創設に尽力し,1974年初代館長に就任,1986年に失明したが1993年まで同館長を務めた。『日本探検』(1960),『知的生産の技術』(1969)など多くの著書がある。1991年文化功労者に選ばれ,1994年文化勲章,1999年勲一等瑞宝章を授与された。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 名誉教授
  • 関連
  • 京都大学
  • 中東
  • 勲一等
  • 博士
  • 受賞歴
  • 叙勲
  • 国立民族学博物館
  • 学会
  • 学問
  • 日本
  • 梅棹
  • 注釈
  • 理学
  • 瑞宝章
  • 系譜
  • 総合研究大学院大学
  • 著作
  • 評伝
  • 評論
  • 会長
  • 初代