生年月日データベース

ステファン・ブラドルStefan Bradl

オートバイレーサー[ドイツ]

1989年 11月29日 生 (満29歳)

ステファン・ブラドル (Stefan Bradl, 1989年11月29日 - ) は、西ドイツ・アウクスブルクのツァーリング生まれのオートバイレーサー。
2011年のロードレース世界選手権Moto2クラスチャンピオン。
2012年からは最高峰MotoGPクラスに参戦する。
かつて同選手権250ccクラスで活躍したヘルムート・ブラドルの息子である。
2003年、ドイツ国内で開催されたレッドブル・ルーキーズ・カップでレースデビュー。
2004年からはKTMを駆ってドイツロードレース選手権125ccクラスに参戦し、翌2005年にチャンピオンを獲得した。
また同年にはロードレース世界選手権125ccクラスにワイルドカード枠で3戦に出場し、グランプリデビューを果たした。
2006年、レッドブルKTMジュニアチームからGPにフル参戦を開始した。
しかし第12戦マレーシアGPでのクラッシュで右足首を骨折しその後のレースを欠場、わずか4ポイントの獲得でシリーズランキング26位に終わり、KTMとは4年契約を結んでいたもののチームを放出されてしまった。

連想語句
  • レース
  • ロード
  • 世界選手権
  • クラス
  • オートバイ
  • チャンピオン
  • ドイツ
  • ブラドル
  • ヘルムート
  • レッドブル
  • レーサー
  • 参戦
  • 戦績
  • 選手権
  • カップ
  • デビュー
  • ルーキーズ
  • ロー
  • 同年
  • 国内
  • 息子
  • 最高峰
  • 活躍
  • 獲得
  • 開催