生年月日データベース

大仁邦彌だいにくにや

男子サッカー選手、日本サッカー協会名誉会長[日本]

1944年 10月12日 生 (満74歳)

元サッカー選手、サッカー指導者。1944年10月12日、兵庫県生まれ。慶應義塾大学を卒業し、70年、三菱重工業株式会社に入社、サッカー部(現浦和レッドダイヤモンズ)でディフェンダーとして活躍。Jリーグの基礎となった日本サッカーリーグで2度優勝し、天皇杯全日本サッカー選手権大会では3度優勝を経験した。また、日本代表にもなりFIFAワールドカップ・西ドイツ大会の予選などに出場した。78年、同社サッカー部の選手権コーチとなり、翌79年に現役引退、84年~88年まで監督を務めた。92年6月より財団法人日本サッカー協会(JFA)の施設委員会委員長を務め、特任理事、強化員会委員長、常務理事、女子委員会委員長などを歴任。12年6月より公益法人日本サッカー協会会長となっている。また、株式会社日本フットボールヴィレッジ代表取締役社長(03年~09年)、日本フットサル連盟会長(06年~12年)、FIFA加盟協会委員会委員(12年~)などにも就任した。 (2015-2-6) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 成績
  • 注釈
  • アギーレ
  • クラブ
  • 代表
  • 会長
  • 個人
  • 兵庫県
  • 出場
  • 問題
  • 大会
  • 家族
  • 役員
  • 所属
  • 指導
  • 日本サッカー協会
  • 発言
  • 監督
  • 神戸市
  • 続投
  • 試合
  • 兄弟
  • 名誉
  • 末っ子