生年月日データベース

池内恵いけうちさとし

国際政治学者・イスラム政治思想[日本]

1973年 9月24日 生 (満45歳)

池内 恵(いけうち さとし、1973年9月24日 - )は、日本のアラブ研究者、東京大学先端科学技術研究センター准教授。
専門は、イスラム政治思想。
東京都出身。
父は独文学者の池内紀、叔父は天文学者の池内了。
処女作である『現代アラブの社会思想』において、現代のアラブの思想家たち(及びその影響を受ける若者たち)が、当初期待をかけていたマルクス主義が破産したことからイスラム原理主義に傾斜していくさまを描写。
大佛次郎論壇賞を受賞する。
続く著書『アラブ政治の今を読む』において、下記に記すように、日本のイスラーム研究学界の抱える性質に批判を行う。
近年は、井筒俊彦のイスラーム解釈の日本的偏向について研究している。
主張 ズィンミー制度に関して イスラームの暴力的な側面に関して極めて批判的である。
従来親イスラーム的学者たちによって擁護・賞賛されることの多かったズィンミー制度の本質を「異教徒に対する苛烈な差別、蔑視」と厳しく指摘し、現代においてはその有効性はすでに失われていると主張している。

関連書籍

DMMメディア

現代アラブ研究者。1973年、東京生まれ。20代で大仏次郎論壇賞を受賞。池内紀は父。 1996年、東京大学文学部イスラム学科卒業。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。アジア経済研究所研究員を経て、2004年4月より国際日本文化研究センター助教授。 2008年から東大先端研の准教授に。 専攻はイスラーム政治思想史、中東地域研究。著書に『現代アラブの社会思想―終末論とイスラーム主義』(講談社現代新書、2002年、大佛次郎論壇賞)など。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 事件
  • イスラム
  • 学者
  • 思想
  • 政治
  • アサド
  • エルサレム
  • サイクス
  • シリア
  • センター
  • ダッカ
  • テロ
  • トランプ
  • バルド
  • ピコ
  • レストラン
  • 中東
  • 主張
  • 乱射
  • 人質
  • 使用
  • 先端
  • 全般
  • 化学兵器
  • 協定
  • 博物館
  • 国立
  • 大統領
  • 天文
  • 学歴
  • 拘束
  • 政権
  • 日本人
  • 東京大学
  • 東京都
  • 池内了
  • 池内紀
  • 科学技術
  • 職歴
  • 襲撃
  • 認識
  • ドイツ
  • 出身
  • 叔父
  • 専門
  • 教授
  • 文学者
  • 独文