生年月日データベース

マリオ・ゲッツェMario Götze

男子サッカー選手[ドイツ]

1992年 6月3日 生 (満26歳)

マリオ・ゲッツェ(Mario Götze, 1992年6月3日 - )は、ドイツ・バイエルン州メミンゲン出身のサッカー選手。
ブンデスリーガ・ボルシア・ドルトムント所属。
ドイツ代表。
ポジションはミッドフィールダー。
ドイツサッカー連盟のスポーツディレクターを務めるマティアス・ザマーは、「これまで見てきた選手の中でも最高の逸材」と、評している。
クラブ = ドルトムント = ボルシア・ドルトムントのユース出身の選手であり、8歳の時からドルトムントに所属している。
ブンデスリーガデビューとなったのは2009年11月21日に行われ、0-0で引き分けたマインツ戦であり、ヤクプ・ブワシュチコフスキと交代で88分から出場した。
2010-11シーズンのブンデスリーガでは香川真司が怪我でチームを離脱して以降、ユルゲン・クロップはゲッツェを重用し、期待に応えたゲッツェは中心選手としてチームのリーグ優勝に貢献した。

関連書籍

サッカー選手。1992年6月3日、ドイツ・バイエルン生まれ。176センチ、64キロ。ポジションはミッドフィルダー。97年からドイツのユースチームで活躍し、2001年、8歳の時「ボルシア・ドルトムント」に移籍。09年、ドイツのプロサッカーリーグ「ブンデスリーガ」でプロデビュー。2010-11年シーズンのブンデスリーガでは33試合に出場し、15アシスト・6ゴールと活躍。13年「バイエルン・ミュンヘン」に移籍した。ドイツ代表としては、07年のU-15に始まり、U-16、U-17代表を経て、10年には18歳という異例の若さで国際Aマッチ代表デビューを果たす。14年にはFIFAワールドカップブラジル大会に出場し、7月13日(現地時間)に行われた決勝の対アルゼンチン戦で、延長戦で決勝点を挙げ、ドイツに4度目の優勝をもたらした。 (2014-7-15) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • ドルトムント
  • 代表
  • クラブ
  • サッカー
  • ドイツ
  • ゴール
  • バイエルン
  • ブンデスリーガ
  • ボルシア
  • ミッドフィールダー
  • ミュンヘン
  • 個人
  • 出場
  • 大会
  • 復帰
  • 成績
  • 試合
  • 選手
  • タイトル
  • プロ
  • ポジション
  • 所属