生年月日データベース

小川雄勢おがわゆうせい

柔道[日本]

1996年 7月20日 生 (満22歳)

小川 雄勢(おがわ ゆうせい、1996年7月20日 - )は、神奈川県横浜市出身の、日本の柔道家である。
階級は100kg超級。
身長190cm。
体重135kg。
段位は初段。
組み手は左組み。
得意技は払腰、支釣込足。
父親はバルセロナオリンピック95kg超級銀メダリストで元世界チャンピオンの小川直也。
現在は明治大学に在学。
小さい頃は「男だから出番が多い」との理由でクラシックバレエを習っていた。
小学校4年の時に父親の経歴を知ったことがきっかけで、開設したばかりの小川道場の1期生として柔道を始めることになった。
茅ヶ崎市内の中学に通っていたが、2年の時に修徳中学に転校すると、3年の時にはマルちゃん杯団体戦で3位となった。
修徳高校に進むと、2年の時にはインターハイ団体戦で3位となった。
国体少年男子の部でも3位だったが、この際に父親の直也は「俺の高2の時よりも強い。
まだ未完成だし、これからが楽しみ。
やるからには俺以上の選手になってほしい」と語った。
高校選手権個人戦では、準決勝で世界カデ90kg超級チャンピオンである白鴎大足利高校1年の太田彪雅を指導2で破ると、決勝では天理高校2年の古田伸悟を指導2で破って優勝を飾った。

「小川雄勢」と関連する人物

連想語句
  • 選手権
  • 高校
  • インターハイ
  • オリンピック
  • バルセロナ
  • バレエ
  • パーク
  • 名鑑
  • 国体
  • 大学
  • 小川直也
  • 戦績
  • 払腰
  • 支釣込足
  • 明治
  • 組み手
  • 超級
  • きっかけ
  • クラシック
  • チャンピオン
  • メダリスト
  • 世界
  • 内定
  • 出番
  • 初段
  • 在学
  • 小学校
  • 小川
  • 得意技
  • 所属
  • 柔道
  • 段位
  • 父親
  • 現在
  • 理由
  • 道場
  • 開設