生年月日データベース

宮澤章二みやざわしょうじ

詩人[日本]

1919年 6月11日

2005年 3月11日 死去享年87歳

関連書籍

音楽作品

さいたまを代表する孤高の詩人、作詞家。 日本童謡賞(昭和47年)、赤い鳥文学賞特別賞、埼玉県文化賞、埼玉県文化功労賞知事表彰などを受賞。 1919年6月11日、埼玉県羽生市弥勒生まれ。 中学時代に映画監督を志し、往復の運賃だけを握り締め、京都在住のある映画監督まで門弟を志願したが、 「中学を卒業してからでも遅くない」と諭され、泣く泣く引き返したことがある。 昭和17年に結婚し、昭和18年、東京帝国大学(東京大学)文学部美学科卒業。 昭和22年から高校で国語教師として教鞭をとった。 大利根町に疎開していた下総皖一(門弟に團伊玖磨や芥川也寸志らがいる作曲家)と知り合い、 彼が作曲していた小学校の校歌や合唱曲の作詞を手がけるようになる。 昭和27年東京都荒川区町屋に移転し、本格的に文筆業に専念。 NHKラジオ歌謡等の作詞、放送台本を執筆。 昭和32年、大宮に移転し、童謡・歌曲・合唱曲・校歌・社歌・市民歌の作詞、童話の執筆を多数手がける。 中でも校歌は戦後のベビーブーム世代と、校歌制定の動きも出始めた事で需要が多く、300校に及ぶ。 代表作「ジングルベル」の訳詞もこの頃に作られた。 また、童謡詩「知らない子」もよく知られている。 更に自由詩も作り、「蓮華」「空存」「あんぶくの臍」「枯野抄」「旅路」「埼玉風物詩集」「風鈴抄」「風魂歌」「出発の季節」「拾遺抄」「まご抄」等、20作弱の詩集を発表した。 北辰図書情報誌連載の中学生のための詩と「埼玉グラフ」連載の埼玉風物詩はライフワークとなり、共に300編以上書き続ける。 日本現代詩人会会員、日本童謡協会常任理 …… (引用元 Hatena Keyword)

「宮澤章二」と関連する人物

連想語句
  • 校歌
  • 概要
  • 埼玉県
  • 学校
  • 作詞
  • 作詞家
  • 埼玉
  • 童謡
  • ジングル
  • ベル
  • 下総皖一
  • 不動岡
  • 作曲家
  • 出典
  • 加須市
  • 合唱曲
  • 府立高
  • 文化
  • 文学
  • 文学部
  • 書籍
  • 東京
  • 東京大学
  • 県立
  • 羽生市
  • 関連
  • 高等
  • 中心
  • 出身
  • 卒業
  • 多数
  • 教諭
  • 日本
  • 時代
  • 活動
  • 疎開
  • 県内
  • 美学科
  • 訳詞
  • 詩人
  • 開始