生年月日データベース

井山裕太いやまゆうた

囲碁棋士[日本]

(号・本因坊文裕、国民栄誉賞受賞者)

1989年 5月24日 生 (満29歳)

井山裕太 - 囲碁棋士

井山 裕太(いやま ゆうた、1989年5月24日 - )は、日本棋院関西総本部所属の囲碁棋士。
大阪府東大阪市出身。
石井邦生九段門下。
元妻は将棋界の室田伊緒女流二段。
身長164㎝。
血液型A型。
囲碁界史上初の七冠達成者(棋聖・名人・本因坊・王座・天元・碁聖・十段)。
史上2人目の大三冠達成者。
史上3人目のグランドスラム達成者。
また、七大タイトルの数々の最年少記録を保持している。
棋道賞最優秀棋士賞を3度受賞。
棋風 「打ちたい所に打つ」を信条とし、盤面全体を上手く使う柔軟なスタイル。
あらゆる局面を自在に打ち分ける真のオールラウンドプレーヤーで、自分が最善と思った手は愚形や悪形(例:生ノゾキなど)であっても常識に囚われずに打つ。
中盤以降に最強手を連打する傾向にあり、勝負手を発見すると時間を惜しみなく使い切る。
プロ入り前 5歳で父が買ってきたテレビゲームで囲碁を覚え、アマチュア高段者の祖父の薫陶を受ける。

映像作品

関連書籍

DMMメディア

日本の囲碁棋士。1989年5月24日、大阪府東大阪市生まれ。6歳の時、石井邦生九段に弟子入りし、98年、全日本こども囲碁大会の初代優勝者となる。2002年、中学1年生でプロ入り。05年、第12期阿含・桐山杯全日本早碁オープン戦で、史上最年少の16歳4カ月で優勝を果たし、一気に七段に昇格した。09年10月、第34期名人戦で張栩を破り初の名人位を獲得。20歳4カ月での名人戦・7大タイトル戦での優勝も史上最年少であり、九段に昇格した。10年、日本棋院賞金ランキングで3位(5648万円)となった。11年4月、十段位獲得(20歳11カ月)。同年6月、天元位獲得。同年の賞金ランキング1位となる(9151万円)。12年7月、本因坊位を獲得して史上最年少での三冠となり、同月、碁聖位を獲得し史上最年少での四冠となる(23歳2カ月)。同年11月、王座位獲得(史上2人目の五冠)。同年は賞金ランキングで史上初の1億円超えで1位となった(1億620万円)。13年3月、棋聖位獲得(史上初の六冠)。同年4月、十段戦で破れ五冠に後退。同年6月30日、テレビ囲碁アジア選手権にて、日本勢で8年ぶり、自身初の国際戦優勝を果たした。 (2013-7-22) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 囲碁
  • 名誉
  • 本因坊
  • 称号
  • アジア
  • シップ
  • チャンピオン
  • テレビ
  • ワールド
  • 世界
  • 大阪府
  • 日本棋院
  • 本部
  • 東大阪市
  • 棋士
  • 棋王
  • 棋聖
  • 準優勝
  • 石井邦生
  • 碁聖
  • 選手権
  • 関西
  • いやま
  • ほん
  • ゆうた
  • タイトル
  • 二十六
  • 井山
  • 保持者
  • 優勝
  • 出身
  • 所属
  • 文裕
  • 棋戦
  • 獲得
  • 裕太
  • 資格
  • 門下