生年月日データベース

堀辺正史ほりべせいし

武術家、日本武道傅骨法創始師範[日本]

1941年 10月14日

2015年 12月26日 死去心不全享年75歳
堀辺正史 - 武術家、日本武道傅骨法創始師範

堀辺 正史(ほりべ せいし、1941年10月14日 - 2015年12月26日)は、日本の武術家。
日本武道傳骨法創始師範。
茨城県水戸市出身。
奈良時代より日本に伝わる独自の拳法という骨法(こっぽう)の正統継承者を称する。
武名は堀辺正史源一夢(ほりべせいしみなもとのいちむ)。
経歴・人物 著書『喧嘩芸骨法』において、「東條英機のボディーガードを務めた父からその技を相伝され、骨法司家の第52代を襲名し、伝統的骨法の修行の傍らケンカ・他流試合に明け暮れた日々の中から、実戦的な格闘技術を習得、古流の骨法を改革した」と称している。
1994年のバーリトゥード時代の幕開けに合わせて、喧嘩芸路線を捨て、より競技性を重視した格闘技路線に変更し『日本武道傳骨法』へと改称。
2015年12月26日に心不全のため亡くなっていたことが、2016年3月2日にイーファイトによって報じられた。
過去の大東流との関わり 弟子としてのどの程度の所属状態だったのかは不明だが、過去の一時期に吉丸慶雪(吉丸貞雄)の紹介で大東流佐川道場に在籍していたことがあり、吉丸と共同で『換骨拳』の道場を立ち上げた際に、吉丸もろとも佐川道場を離れることとなった。

関連書籍

連想語句
  • 骨法
  • ボディーガード
  • 会報
  • 作詞
  • 喧嘩
  • 大東流
  • 奈良時代
  • 拳法
  • 新日本プロレス
  • 東條英機
  • 水戸市
  • 茨城県
  • 著作
  • 通信
  • 過去
  • 関連
  • いち
  • みなもと
  • アドバイザー
  • ケンカ
  • 一夢
  • 他流
  • 修行
  • 傍ら
  • 出身
  • 創始
  • 古流
  • 司家
  • 後半
  • 技術
  • 改革
  • 新日
  • 日々
  • 日本
  • 時期
  • 格闘
  • 格闘技
  • 相伝
  • 継承者
  • 習得
  • 著書
  • 襲名
  • 試合