生年月日データベース

アルフレッド・ギルマンAlfred Goodman Gilman

化学者[アメリカ]

1941年 7月1日

2015年 12月23日 死去享年75歳
アルフレッド・ギルマン - ウィキペディアより引用

アルフレッド・グッドマン・ギルマン(Alfred Goodman Gilman、1941年7月1日 - 2015年12月23日)はアメリカ合衆国の科学者。
彼はGタンパク質に関する発見により、マーティン・ロッドベルと共に、ノーベル生理学・医学賞を受賞した。
コネチカット州ニューヘイブン生まれ。
父のアルフレッド・ギルマンはイェール大学の教授である。
彼は薬理学の教科書の共同執筆者であるルイス・グッドマンに敬意を示し、息子にグッドマン(Goodman)というミドルネームを与えた。
ギルマンは1962年にイェール大学を卒業し、B.S.を得た。
その後オハイオ州クリーブランドにあるケース・ウェスタン・リザーブ大学のM.D.-Ph.D.コースに入り、1971年にノーベル生理学・医学賞を受賞するエール・サザランドの元で学んだ。
1969年にこの大学を卒業し、1969年-1971年の間、博士課程修了後の研究を国立衛生研究所にて1968年にノーベル生理学・医学賞を受賞したマーシャル・ニーレンバーグの元で行った。