生年月日データベース

宇野昌磨うのしょうま

フィギュアスケート選手[日本]

(平昌オリンピック代表選手、男子シングル銀メダル獲得)

1997年 12月17日 生 (満21歳)

宇野昌磨 - フィギュアスケート選手

宇野 昌磨(うの しょうま、1997年12月17日 - )は、日本のフィギュアスケート選手(男子シングル)。
愛知県名古屋市出身。
血液型はB型。
主な実績に2015年世界ジュニア選手権・2014年ジュニアグランプリファイナル各優勝、2014年全日本選手権2位。
2015年グランプリファイナル3位。
2015年全日本選手権2位。
名古屋市立冨士中学校、中京大学附属中京高等学校を卒業。
2015年4月に同じくスケート選手の新田谷凜、加藤利緒菜、磯邉ひな乃等と共に中京大学スポーツ科学部へ入学。
憧れの選手は高橋大輔。
5歳の頃に遊びに行ったスケートリンクで、浅田真央に声をかけられてスケートを始めた。
偏食の傾向があり、野菜が苦手だが改善を図っている。
技術・演技 2種類の4回転ジャンプ(フリップ、トウループ)と6種類の3回転ジャンプをとぶことができる。
4回転ジャンプについては、フリップとトウループが跳べるほか、現在ループも練習中であり、2016年四大陸選手権の公式練習では着氷を成功させた。

映像作品

関連書籍

音楽作品

DMMメディア

日本のフィギュアスケート選手。日本スケート連盟強化選手A。愛知県名古屋市出身、1997年12月17日生まれ。血液型B型。中京大中京高校に在学中。 5歳の頃、父親に連れられて遊びに行ったリンクでスケートが好きになり、5歳から競技を始める。尊敬する選手は、2010年世界チャンピオンの高橋大輔。伊藤みどり、浅田真央らを育てた山田満知子、樋口美穂子両コーチに教わる。 07年、08年、全日本ノービス選手権(B)で2連勝。09年、全日本ノービス選手権(A)で優勝し、全日本ジュニア選手権に初出場して3位となる。11年よりジュニアグランプリ(JGP)シリーズに参戦し、11~12シーズンはJGPポーランド大会4位、JGPエストニア大会3位。同シーズンの全日本ジュニア選手権では5位に入り、全日本選手権に初出場。9位となり、12年世界ジュニア選手権の代表に選出され、10位。12年、オーストリアのインスブルックで開催された第1回ユースオリンピックで2位に入賞。 14~15シーズンは、アジアンオープントロフィーで自身初の4回転ジャンプを成功させて優勝したのを始め、全日本ジュニア選手権でトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させて初優勝、初出場のジュニアGPファイナル優勝、全日本選手権2位と躍進した。更に15年の世界ジュニア選手権では、ジュニアでは初めて80点台を記録してショートプログラム(SP)1位となり、フリースケーティング(FS)で4回転ジャンプに失敗するも、次のジャンプでトリプルアクセルを成功させて初優勝し、ジュニアGPファイナルとの2冠を制した。日本男子の優勝は、02年の高橋大輔、05年の織田信成、06年の小塚崇彦(トヨタ自動車)、10年の羽生結弦(ANA) …… (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 選手権
  • フィギュアスケート
  • 世界
  • 全日本
  • グランプリ
  • ファイナル
  • オリンピック
  • シングル
  • スポーツ
  • トヨタ自動車
  • メダリスト
  • ランキング
  • 中京大学
  • 名古屋市
  • 四大
  • 平昌
  • 愛知県
  • 科学
  • ギネス
  • スケーティング
  • フリップ
  • 世界選手権
  • 主要
  • 優勝
  • 公認
  • 出身
  • 史上初
  • 回転
  • 在学
  • 大会
  • 成功
  • 戦績
  • 所属
  • 更新
  • 現在
  • 継続
  • 記録
  • 認定
  • 連盟
  • 連覇