生年月日データベース

本田圭佑ほんだけいすけ

男子サッカー選手[日本]

(ロシアW杯代表)

1986年 6月13日 生 (満32歳)

本田 圭佑(ほんだ けいすけ、1986年6月13日 - )は、大阪府摂津市出身のプロサッカー選手。
セリエA、ACミラン所属。
ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。
日本代表。
オーストリアのサッカークラブであるSVホルンの実質オーナー。
日本人アスリート初のMIT特別研究員、就任期間2年。
プロ入り前 大阪府摂津市出身。
両親は本田が小学2年生の春に離婚。
幼少時は鳥飼さつき園に通っていた。
摂津市立鳥飼北小学校2年時から地元の摂津FCに入団しサッカーを始めた。
摂津市立第四中学校に入学。
あだ名はゴリ。
その後、ガンバ大阪ジュニアユースに所属し家長昭博、安田理大、東口順昭らとともにプレーしたが、当時からスタミナやスピードには難があり、ユースチームへの昇格内定が出なかったため、石川県の星稜高校へ進学した。
1年時に高円宮杯全日本ユース選手権で準優勝し、3年時には第83回全国高等学校サッカー選手権大会に出場して、石川県勢として初のベスト4に貢献した。

映像作品

関連書籍

DMMメディア

日本のプロサッカー選手。1986年6月13日生まれ、大阪府摂津市出身。イタリアの名門ACミランに所属するミッドフィールダー。身長182センチメートル、体重74キログラム。 幼少期からサッカーを始め、中学時代はガンバ大阪ジュニアユースに所属。石川県の星稜高校時代には全国高校サッカー選手権ベスト4の実績を残し、卒業後は名古屋グランパスエイトに3シーズン在籍、リーグ戦90試合に出場、11得点を挙げた。もともと海外志向が強く、2007年シーズン終了後にオランダ1部リーグのVVVフェンロー、10年シーズンからはロシアの強豪CSKAモスクワに移籍。主力選手としてUEFAチャンピオンズリーグ(CL)などでも活躍し、ヨーロッパでの足場を固めていった。 日本代表としては10年のFIFAワールドカップ南アフリカ大会に出場、予選リーグ第3戦のデンマーク戦では得意の左足でブレ球による無回転のフリーキックを決め、世界に「HONDA」の名をアピールした。その後は右ひざ半月板損傷などによる長期のブランクもあったが、復帰後も代表の絶対的エースとして活躍、13年6月のワールドカップアジア最終予選のオーストラリア戦では劇的なピーケーでワールドカップ本戦への出場を決めた。同年の12月には少年時代からの夢だったイタリア・セリエAのACミランへ完全移籍。希望通りに10番をつけたが、14年は出場機会に恵まれずわずか1得点と、移籍1年目は試練と向き合った。 本来は攻撃的ミッドフィールダーだが、左足の強烈なキックやシュートレンジの広さを生かしたロングシュートなどを武器に、積極的にゴールを狙う。屈強な外国人選手にも当たり負けしない体幹の強さに加え、 …… (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 時代
  • サッカー
  • 代表
  • エイト
  • カンボジア
  • グランパス
  • パチューカ
  • ビクトリー
  • フェンロー
  • フォワード
  • プロ
  • ポジション
  • ミッドフィールダー
  • ミラン
  • メルボルン
  • モスクワ
  • リーグ
  • 名古屋
  • 日本
  • 監督
  • 経営者
  • アスリート
  • マサチューセッツ
  • マネジメント
  • メル
  • 大学
  • 契約
  • 実父
  • 就任
  • 工科
  • 所属
  • 指導者
  • 日本人
  • 期間