生年月日データベース

スハルトSuharto

軍人、インドネシア第2代大統領[インドネシア]

1921年 6月8日

2008年 1月27日 死去多臓器不全享年86歳
スハルト - ウィキペディアより引用

関連書籍

DMMメディア

  • ポスト・スハルト期インドネシアの法と社会 裁くことと裁かないことの民族誌
  • インドネシア9・30クーデターの謎を解く スカルノ、スハルト、CIA、毛沢東の影
  • スハルト体制のインドネシア 個人支配の変容と一九九八年政変
  • 失敗のインドネシア 民主化・改革はついえたのか 希望を裏切られたスハルト以降
  • ジャワの宗教と社会 スハルト体制下インドネシアの民族誌的メモワール
  • 開発と労働 スハルト体制期のインドネシア
  • インドネシア資料データ集 スハルト政権崩
  • インドネシア農村社会の変容 スハルト村落開発政策の光と影
  • スハルト・ファミリーの蓄財
  • ダウス/フンメル:フルート作品全集
  • ダンドゥットへの道
  • ダウス/メンデルスゾーン&チャイコフス

Suharto [生]1921.6.8.オランダ領東インド,ケムスアルガムルジャ[没]2008.1.27.インドネシア,ジャカルタインドネシアの軍人,政治家。下級中学校,イスラム学校を卒業。1940年オランダ領東インド軍に入隊。日本軍政下でペタ(祖国防衛義勇隊)に転じた。1945年10月人民保安隊(のちの国軍)副大隊長。1947~49年インドネシア独立承認をめぐってオランダ軍と戦った。1962年少将,1963年陸軍戦略予備軍司令官,1965年九・三〇事件をアブドル・ナスチオン将軍と協力して鎮圧。10月陸軍大臣兼陸軍総司令官。1966年3月スカルノ大統領から一部権限の移譲を受け,7月にはアンペラ(国民受難の声)内閣の首相,国防治安大臣,陸相,陸軍総司令官を兼任。暫定国民協議会の任命により1967年3月全権を奪われたスカルノに代わって大統領代理,1968年3月28日大統領に就任した。以後,軍内外の政敵を排除しつつ1973,1978,1983,1988,1993年と6選を果たし,不動の地歩を確立した。1998年,7選を果たしたが同年5月辞任。2000年8月,大統領在任中に巨額の不正蓄財を行なったとして起訴された。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 大統領
  • 時代
  • 軍人
  • 関連
  • アジア
  • キャリア
  • 不安
  • 事件
  • 伝記
  • 危機
  • 在任
  • 少将
  • 工業
  • 政権
  • 政治家
  • 末期
  • 植民地
  • 独裁
  • 終焉
  • 職業
  • 自伝
  • 通貨
  • 開発
  • インドネシア
  • 不正
  • 供与
  • 健康
  • 刑事
  • 利益
  • 同国
  • 問題
  • 批判
  • 政治
  • 最終
  • 理由
  • 社会
  • 訴追
  • 責任
  • 身内
  • 辞任
  • 辞職
  • 陸軍
  • 階級
  • 高齢