生年月日データベース

朴槿恵Park Geun Hye

政治屋大統領[韓国]

(2017年3月、憲法裁判所により大統領職罷免が決定)

1952年 2月2日 生 (満66歳)

朴槿恵 - ウィキペディアより引用

■ 関連書籍

韓国の第18代大統領。保守系セヌリ(旧ハンナラ)党に所属する。2012年12月の大統領選挙で、民主統合党の文在寅(ムン・ジェイン)を破り、翌13年2月25日に就任。東アジアでは初めての女性大統領である。 1952年、韓国慶尚北道(キョンサンプクト)大邱(テグ)市で元大統領・朴正煕(パク・チョンヒ)の長女として生まれた。キリスト系の中・高校から、西江大学電子工学科に進学。首席で卒業後、フランスのグルノーブル大学に留学した。留学中の74年、母・陸英修(ユク・ヨンス)が暗殺されると、22歳の若さでファーストレディーの役を継承。しかし79年、今度は父・朴正煕大統領が側近の中央情報部(KCIA)部長・金載圭(キム・ジェギュ)によって射殺される。このとき発した第一声「前線(北緯38度線)に異常はありませんか」は、政治家・朴槿恵の資質を評価する言葉として、しばしば採り上げられる。 その後、嶺南大学の理事を務めるなど、政治の一線から身を引いていたが、97年に起こったアジア通貨危機をきっかけに政界に復帰。同年末に行われた大統領選で、ハンナラ党・李会昌(イ・フェチャン)候補の支援を表明し、翌年には国会議員補選に出馬した。劣勢が伝えられたが、厳三鐸(オム・サムタク)候補を破り、保守系の希望の星としてマスコミの注目を浴びることになった。2002年には北朝鮮を訪問し、金正日(キム・ジョンイル)総書記との二者会談も果たしている。 04年にはハンナラ党代表に選ばれ、党内改革に着手。06年には地方選の遊説中、暴漢によって顔面を切りつけられ、60針を縫うけがを負ったが、ハンナラ党を勝利に導いた。翌年、党の大統領候補選挙に出馬する …… (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 大統領
  • 韓国
  • アジア
  • ゲート
  • セウォル
  • ハンナラ
  • 事件
  • 事故
  • 保守
  • 大韓民国
  • 女性
  • 就任
  • 弾劾
  • 志晩
  • 政党
  • 文在寅
  • 朴正煕
  • 民主
  • 沈没
  • 統合
  • 罷免
  • 自由
  • 選挙
  • ケース
  • セヌリ
  • 一連
  • 不備
  • 不祥事
  • 代表
  • 任命
  • 元首
  • 党代表
  • 初めて
  • 制度
  • 勝利
  • 史上初
  • 委員会
  • 委員長
  • 実業家
  • 対応
  • 対策
  • 導入
  • 後述
  • 成立
  • 政界
  • 民主化
  • 選出
  • 非常
  • 革新