生年月日データベース

板橋恵いたばしめぐみ

バレーボール選手[日本]

1973年 6月7日 生 (満46歳)

板橋 恵(いたばし めぐみ、1973年6月7日 - )は、日本の女子バレーボール選手。
ニックネームはメグ。
宮城県黒川郡大和町出身。
小学校3年生からバレーボールを始める。
古川商業高校1年生からセッターに転向。
2年生時にインターハイ優勝。
東北福祉大学では1年生時にインカレ準優勝を経験した。
1996年日立佐和リヴァーレに入団。
1998年全日本代表チームに初選出。
1999年ワールドカップでは正セッターを務め、同大会で6位となった。
2002年に一度現役を引退するが、2003年に現役復帰し、第11回Vリーグでサーブ賞を受賞、第55回黒鷲旗大会で準優勝へ導く。
2005年、5年ぶりとなる全日本復帰を果たした。
同年のワールドグランプリ、ワールドグランドチャンピオンズカップに出場した。
2007年のアジア選手権で24年ぶりの優勝を経験した。
2009年5月、日立佐和リヴァーレを退団し、同年9月パイオニアレッドウィングスに移籍した。
2011年6月にパイオニアを退部し、同年11月に仙台ベルフィーユにコーチ兼選手として移籍した。

女子バレーボール選手(セッター)。元全日本女子代表。 1973年6月7日生まれ、宮城県大和町出身。身長166cm、体重58kg。 古川商業高等学校(現・古川学園高等学校)→東北福祉大学→日立佐和リヴァーレ→パイオニアレッドウィングス(2009年〜2011年)→ 仙台ベルフィーユ(2011年〜2012年) 2002年いったん現役を退いたが再度復帰、2005年バレーボールワールドグランプリで全日本に追加登録された。 2011年11月、仙台ベルフィーユにコーチ兼選手として入団。同月、体調不良で総監督に退いた米田一典に代わり、選手兼任で監督に就任した。シーズン終了後に退団した。 (引用元 Hatena Keyword)