生年月日データベース

村上幸史

陸上やり投げ選手[日本]

1979年 12月23日 生 (満39歳)

村上幸史 - ウィキペディアより引用

村上 幸史(むらかみ ゆきふみ、1979年12月23日 - )は、日本の陸上競技選手。
専門はやり投。
アテネオリンピック・北京オリンピック日本代表。
2009年ベルリン世界陸上競技選手権大会銅メダリスト。
愛媛県の離島である越智郡生名村(現・同郡上島町)出身。
日本大学卒業、スズキ浜松アスリートクラブ所属。
日本大学文理学部体育学科助教。
身長186cm。
体重100kg。
血液型AB型。
競技経歴 中学時代は軟式野球部に所属。
ノーヒットノーランを3回達成したことがあり、強豪校から勧誘が殺到するほどの好投手だったが、中学校の体育の授業でハンドボールをやっていた時に陸上部の顧問の目にとまり、「日本一になりたくないか?」と言われ、やり投への転向を決意したという。
「勝つのも負けるのも自分次第、というところにも魅力を感じました」と語っている。
全国的な投てき競技の強豪校として知られる今治明徳高等学校に進学し、陸上競技部に入部した。
1年時の県大会には110mハードルに出場。
2年時の1996年には、インターハイやり投で優勝(記録65m80)。

村上幸史は日本の陸上競技選手。専門はやり投。 1979年12月23日生まれ。愛媛県出身。 今治明徳高等学校、日本大学卒。2002年スズキに入社。現在、スズキ浜松アスリートクラブ所属。 アテネオリンピック、北京オリンピックの日本代表。世界陸上競技選手権大会には2005年・2007年・2009年の3大会に連続出場。 2009年の世界陸上ベルリン大会やり投予選で、日本歴代2位となる83m10を出して決勝に進出。決勝では82m97の好記録で銅メダルを獲得した。オリンピックと世界選手権を通じて、やり投げ史上初、投擲競技としては室伏広治以来のメダリストとなった。 ロンドンオリンピック日本代表に選出されている。 (引用元 Hatena Keyword)