生年月日データベース

宮本ともみみやもとともみ

女子サッカー選手[日本]

1978年 12月31日 生 (満40歳)

宮本ともみ - 女子サッカー選手

宮本 ともみ(みやもと ともみ、1978年12月31日 - )は、神奈川県相模原市出身の元女子サッカー選手、現サッカー指導者、解説者。
元サッカー日本女子代表(代表通算77試合13得点)。
現役時代のポジションはミッドフィールダー。
神奈川県立相模大野高等学校卒業。
旧姓は「三井ともみ」。
小学1年生の時、兄の影響でサッカーを始めた。
新磯サッカースポーツ少年団、相模原SCを経て、1997年(当時18歳)でプリマハムFCくノ一(現伊賀FCくノ一)に入団。
同年日本代表に初選出された。
1999年、第3回FIFA女子世界選手権アメリカ大会(現ワールドカップ)に出場。
2002年、23歳のときに結婚。
周囲からは「引退するのか」と聞かれることもあったが、「『なんで結婚するからやめるんだ』という感じでした」、「『(夫からは)結婚したんだからサッカーやめろ』ということは言われなかった」と語っている。

関連書籍

元女子サッカー選手。ポジションはミッドフィルダー(ボランチ)。 1978年12月31日生まれ。神奈川県出身。身長168cm、体重60kg。血液型A型。旧姓・三井(三井ともみ)。 1997年、サッカー日本女子代表にデビュー。2004年アテネオリンピック、1999年・2003年・2007年FIFA女子ワールドカップに出場した。 代表では、精度の高いロングフィードと、リスタート時の高さが武器。 クラブチームでは、背番号10を背負っているので、代表の時よりも、ボールへの絡みは、もっと多いのかも知れない。 選手達が輪になって写ってる様な写真では、なぜだか、たいがい端っこに居る。 2002年に結婚。2004年アテネ五輪のなでしこジャパンでは唯一の既婚者だった。2005年に長男を出産。2006年、なでしこジャパン初のママさん選手として代表復帰した。 国際Aマッチ77試合出場、13得点。 2012年シーズンを最後に現役引退。 (引用元 Hatena Keyword)