生年月日データベース

頼三樹三郎らいみきさぶろう

儒学者[日本]

(文政8年5月26日生)

1825年 7月11日

1859年 11月1日 死去斬首享年35歳
頼三樹三郎 - ウィキペディアより引用

■ 関連書籍

  • タイトル
    頼三樹三郎 (1974年)
    著者
    安藤英男
    発売元
    新人物往来社
    発売日
    1974
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 5,800 より
  • タイトル
    一日百印百詩
    著者
    頼三樹三郎
    発売元
    松浦孫太
    発売日
    1911
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • タイトル
    一日百印百詩
    著者
    頼三樹三郎
    発売元
    松浦孫太
    発売日
    1911-01-01
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • タイトル
    頼三樹三郎 (昭和19年)
    著者
    星川周太郎
    発売元
    蒼生社
    発売日
    1944
    新品価格
    より
    中古商品
    より

1825年7月11日〜1859年11月1日 日本の江戸時代末期の儒学者。京都出身。 父は「日本外史」で有名な儒学者の頼山陽。尊皇攘夷運動に参加し、安政の大獄で処刑された。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 生涯
  • 儒学者
  • 江戸
  • 頼山陽
  • 三男
  • 京都
  • 大坂
  • 安政
  • 寛永寺
  • 将軍
  • 尊皇
  • 幕府
  • 幕末
  • 後藤
  • 徳川
  • 朝廷
  • 松陰
  • 江戸時代
  • 篠崎小竹
  • 菩提寺
  • 詩人
  • りえ
  • 三木
  • 三本木
  • 事件
  • 儒学
  • 処分
  • 山陽
  • 感化
  • 旧暦
  • 末期
  • 灯籠
  • 疋田
  • 石灯籠
  • 破壊
  • 藤右衛門
  • 誕生
  • 軽視
  • 近江商人
  • 退学
  • 通称
  • 運動