生年月日データベース

葛西紀明かさいのりあき

ノルディックスキージャンプ選手[日本]

(平昌オリンピック代表選手)

1972年 6月6日 生 (満47歳)

葛西紀明 - ウィキペディアより引用

葛西 紀明(かさい のりあき、1972年6月6日 - )は、日本、北海道上川郡下川町出身のスキージャンプ選手。
東海大四高校から地崎工業、マイカルを経て現在は土屋ホームに選手兼任監督として所属。
2005年度日本オリンピック委員会・選手強化キャンペーンのシンボルアスリート制度適用選手。
16歳時の1988年より日本代表として国際大会に出場し、1992年のアルベールビルオリンピックに19歳で初出場。
以来、リレハンメル、長野、ソルトレイクシティ、トリノ、バンクーバー、ソチと史上最多計7回の冬季オリンピックに出場。
2001年下川町町民栄誉賞受賞。
スキージャンプの選手としては異例ともいえる20年以上のキャリアと、40歳を超えてなお一線級の成績をマークすることから「レジェンド(生ける伝説)」と国内外から尊敬を集め称される選手である。
高校時代まで 札幌オリンピックが開催された1972年に下川町で生まれ、同郷の嶋宏大や岡部孝信らの後を追うように10歳でジャンプを始める。

関連書籍

ノルディックスキー・ジャンプ選手。1972年6月6日、北海道生まれ。土屋ホーム所属。小学3年生でスキーを始める。私立東海大学付属東海第四高等学校卒業後、92年のアルベールビル冬季五輪に出場。以来、2014年のソチまで、日本人では史上最多となる7大会連続の冬季五輪出場を達成。ソチ五輪ではノルディックスキー・ジャンプ男子ラージヒルにおいて、五輪個人種目では自身初のメダルとなる銀メダルを獲得。冬季五輪の日本人最年長メダリストとなった。また、同大会のジャンプ男子団体では銅メダルを獲得。同種目では1998年の長野五輪以来、4大会ぶりとなる日本のメダル獲得に貢献した。ノルディックスキー世界選手権大会では、2003年に個人2種目と団体で三つのメダルを獲得。スキージャンプW杯では、14年1月のバートミッテルンドルフ大会(オーストリア)で日本人男子最多の通算16勝をあげ、W杯史上最年長優勝記録を更新している。 (2014-2-18) (引用元 コトバンク)