生年月日データベース

渡辺淳一わたなべじゅんいち

作家[日本]

1933年 10月24日

2014年 4月30日 死去前立腺がん享年82歳

渡辺 淳一(わたなべ じゅんいち、1933年(昭和8年)10月24日 - 2014年(平成26年)4月30日)は、日本の作家。
北海道空知郡上砂川町朝陽台出身。
1958年札幌医科大学医学部卒業。
医学博士。
1964年札幌医科大学助手、1966年同大医学部整形外科教室講師。
医業と並行して、北海道の同人誌に執筆を続ける。
同大学の和田寿郎教授による和田心臓移植事件を題材にした『小説・心臓移植』(1969年3月。
後に『白い宴』と改題、角川文庫)を発表し、大学を去る。
1970年、37歳の時に総理大臣寺内正毅をモデルとしたとされる『光と影』で第63回直木賞を受賞し、本格的に作家活動を開始した。
直木賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、柴田錬三郎賞、島清恋愛文学賞選考委員。
2014年4月30日午後11時42分、前立腺癌のため東京都内の自宅で死去。
80歳没。
2015年、集英社が本人の名前を冠した文学賞である「渡辺淳一文学賞」を創設。
第1回の表彰は2016年3月に行われる。
作品・作風 主題は、評伝(『花埋み』『女優』『遠き落日』など)、医療(『白い宴』『無影燈』『麻酔』など)、恋愛(『化身』『失楽園』『愛の流刑地』など)の三つに大別されるが、各ジャンルを融合したものも少なくない。

映像作品

関連書籍

  • タイトル
    鈍感力 (集英社文庫)
    著者
    渡辺淳一
    発売元
    集英社
    ページ数
    240ページ
    発売日
    2010-03-19
    新品価格
    ¥ 432
    中古商品
    ¥ 1 より
  • タイトル
    男というもの (中公文庫)
    著者
    渡辺淳一
    発売元
    中央公論新社
    ページ数
    328ページ
    発売日
    2001-01-01
    新品価格
    ¥ 596
    中古商品
    ¥ 1 より
  • タイトル
    阿寒に果つ (中公文庫)
    著者
    渡辺淳一
    発売元
    中央公論新社
    ページ数
    418ページ
    発売日
    2015-04-23
    新品価格
    ¥ 734
    中古商品
    ¥ 304 より
  • タイトル
    遠き落日(上) (講談社文庫)
    著者
    渡辺淳一
    発売元
    講談社
    ページ数
    384ページ
    発売日
    2013-12-13
    新品価格
    ¥ 940
    中古商品
    ¥ 63 より
  • タイトル
    孤舟 (集英社文庫)
    著者
    渡辺淳一
    発売元
    集英社
    ページ数
    424ページ
    発売日
    2013-09-20
    新品価格
    ¥ 702
    中古商品
    ¥ 1 より
  • タイトル
    失楽園(上) (角川文庫)
    著者
    渡辺淳一
    発売元
    角川書店
    ページ数
    323ページ
    発売日
    2004-01-24
    新品価格
    ¥ 596
    中古商品
    ¥ 5 より
  • タイトル
    失楽園(下) (角川文庫)
    著者
    渡辺淳一
    発売元
    角川書店
    ページ数
    308ページ
    発売日
    2004-01-24
    新品価格
    ¥ 596
    中古商品
    ¥ 138 より
  • タイトル
    孤舟
    著者
    渡辺淳一
    発売元
    ゴマブックス株式会社
    ページ数
    198ページ
    発売日
    新品価格
    中古商品
  • タイトル
    鈍感力
    著者
    渡辺淳一
    発売元
    ゴマブックス株式会社
    ページ数
    122ページ
    発売日
    新品価格
    中古商品
  • タイトル
    新装版 光と影 (文春文庫)
    著者
    渡辺淳一
    発売元
    文藝春秋
    ページ数
    267ページ
    発売日
    2008-02-08
    新品価格
    ¥ 616
    中古商品
    ¥ 1 より

音楽作品

作家。医学博士。 1933年、北海道に生まれる。札幌医科大学卒業。 代表作に、初老の男女による不倫を描いた『失楽園』があり、大ブームとなり、映画・TVドラマなどにもなる。 札幌医科大学で整形外科の医師として勤めるかたわら小説を執筆していたが、日本初の心臓移植手術が行われた事件を題材にした小説を発表したのを機に大学を退職。作家専業となった。 1970年、『光と影』で直木賞を受賞。 1980年、『遠き落日』『長崎ロシア遊女館』で吉川英治文学賞を受賞。 2004年10月から2006年1月31日まで、日本経済新聞朝刊にて「愛の流刑地」を連載していた。 2013年1月、日本経済新聞に「私の履歴書」を連載した。 2014年4月30日、死去。80歳だった。 (引用元 Hatena Keyword)