生年月日データベース

渡辺淳一わたなべじゅんいち

作家[日本]

1933年 10月24日

2014年 4月30日 死去前立腺がん享年82歳

渡辺 淳一(わたなべ じゅんいち、1933年(昭和8年)10月24日 - 2014年(平成26年)4月30日)は、日本の作家。
北海道空知郡上砂川町朝陽台出身。
1958年札幌医科大学医学部卒業。
医学博士。
1964年札幌医科大学助手、1966年同大医学部整形外科教室講師。
医業と並行して、北海道の同人誌に執筆を続ける。
同大学の和田寿郎教授による和田心臓移植事件を題材にした『小説・心臓移植』(1969年3月。
後に『白い宴』と改題、角川文庫)を発表し、大学を去る。
1970年、37歳の時に総理大臣寺内正毅をモデルとしたとされる『光と影』で第63回直木賞を受賞し、本格的に作家活動を開始した。
直木賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、柴田錬三郎賞、島清恋愛文学賞選考委員。
2014年4月30日午後11時42分、前立腺癌のため東京都内の自宅で死去。
80歳没。
2015年、集英社が本人の名前を冠した文学賞である「渡辺淳一文学賞」を創設。
第1回の表彰は2016年3月に行われる。
作品・作風 主題は、評伝(『花埋み』『女優』『遠き落日』など)、医療(『白い宴』『無影燈』『麻酔』など)、恋愛(『化身』『失楽園』『愛の流刑地』など)の三つに大別されるが、各ジャンルを融合したものも少なくない。

映像作品

関連書籍

音楽作品

DMMメディア

小説家。1933年10月24日、北海道生まれ。医学博士。58年、札幌医科大学医学部卒業し、同校の整形外科の講師を務めつつ小説を執筆。初期~中期は医学・歴史・伝記的小説と多彩な作風で、70年『光と影』(文藝春秋)で直木賞を受賞した。80年には、野口英世の人生を描いた『遠き落日』(角川書店)と『長崎ロシア遊女館』(講談社)で吉川英治文学賞を受賞。80年代に入ると、男女の愛と性を描いた小説『化粧』(朝日新聞社)、『ひとひらの雪』(文藝春秋)、『化身』(集英社)などを次々と発表。特に『失楽園』(講談社)は、映画化・テレビドラマ化もされ250万部を超すベストセラーになった。2003年、紫綬褒章と菊池寛賞を受賞。07年にはエッセーのタイトル「鈍感力」が新語・流行語大賞トップテンに入賞した。14年4月30日、前立腺がんのため死去。享年80。 (2014-5-08) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 作品
  • 小説
  • 上砂川町
  • 主張
  • 伝記
  • 作家
  • 作風
  • 制度
  • 北海道
  • 医学
  • 医学部
  • 博士
  • 受賞歴
  • 夫婦別姓
  • 日本
  • 札幌医科大学
  • 歴史
  • 活動
  • 空知郡
  • 著書
  • 評価
  • 趣味
  • 鈍感力
  • 随筆
  • 出身
  • 卒業
  • 映像
  • 朝陽