生年月日データベース

トーマス・マンPaul Thomas Mann

作家[ドイツ→アメリカ]

1875年 6月6日

1955年 8月12日 死去享年81歳
トーマス・マンの名言
命というものは、はかないからこそ、尊く、厳かに美しいのだ。
トーマス・マン - ウィキペディアより引用

映像作品

関連書籍

音楽作品

DMMメディア

  • 彼女が目覚めるその日まで
  • ぼくとアールと彼女のさよなら <特別編>
    評価 4.00点
  • ぼくとアールと彼女のさよなら <特別編>
    評価 4.00点
  • ビューティフル・クリーチャーズ 光と闇に選ばれし者
  • そんなガキなら捨てちゃえば?
    評価 3.00点
  • プロジェクトX
    評価 4.00点
  • プロジェクトX (ブルーレイディスク)
  • そんなガキなら捨てちゃえば?
    評価 3.00点
  • ベニスに死す
    評価 4.50点
  • ベニスに死す (期間限定)
    評価 4.50点
  • ベニスに死す (期間限定)
    評価 4.50点
  • ベニスに死す (期間限定)
    評価 4.50点
  • ベニスに死す
    評価 4.50点
  • ベニスに死す
    評価 4.50点
  • ベニスに死す
    評価 4.50点
  • 魔の山【トールケース仕様】
  • イタリアの古都パレストリーナ トーマス・マンの原風景
  • 闘う文豪とナチス・ドイツ トーマス・マンの亡命日記
  • トーマス・マン日記 1918-1921
  • トーマス・マン 新装版
  • トーマス・マンの政治思想 失われた市民を求めて
  • フルトヴェングラーとトーマス・マン ナチズムと芸術家
  • トーマス・マンの女性像 自己像と他者イメージのあいだで
  • トーマス・マン日記 1953-1955
  • トーマス・マン政治思想研究 1914-1955 「非政治的人間の考察」以降のデモクラシー論の展開
  • ドイツ保守革命 ホフマンスタール/トーマス・マン/ハイデッガー/ゾンバルトの場合
  • トーマス・マンの青春 全初期短編小説を読む
  • トーマス・マン物語 3
  • トーマス・マン日記 1951-1952
  • ヒトラー、ゾルゲ、トーマス・マン クラウス・プリングスハイム二世回想録
  • トーマス・マン物語 2
  • 世紀転換期ドイツの文化と思想 ニーチェ、フロイト、マーラー トーマス・マンの時代
  • スモリジ/ユージン・ザドール:聖書三部作
  • ベッドフォード/ブリテン:歌劇「ヴェニスに死す」

Thomas Mann 1875-1955 作家、評論家。1875年、リューベクの豪商の家に生まれる。 20歳前後から小説を書き始め、1900年に出版された『ブッデンブローク家の人々』で一躍評価を得る。 代表作は長編『魔の山』『ヨゼフとその兄弟たち』『ファウストゥス博士』、短編『トニオ・クレーゲル』『ヴェニスに死す』(後に映画化され話題を博した)などがある。 1929年ノーベル文学賞を受賞。1955年死去。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • マン
  • 小説
  • ドイツ
  • クラウス
  • クレーガー
  • ゲーテ
  • トー
  • ナチス
  • ニオ
  • ノーベル
  • ハインリヒ
  • ファウストゥス
  • ブッデンブローク
  • マル
  • ヨセフ
  • リューベック
  • ロッテ
  • ワイ
  • ヴェニス
  • 人々
  • 兄弟
  • 博士
  • 教養
  • 文学
  • 生活
  • 発表
  • アメリカ
  • エッセイ
  • スイス
  • テーマ
  • ドイツ人
  • フォン
  • モデル
  • ヨハン
  • ヴォルフガング
  • 一族
  • 一節
  • 一連
  • 亡命
  • 作家
  • 傑作
  • 処女
  • 受賞
  • 合衆国
  • 名声
  • 商家
  • 国外
  • 実科
  • 富裕
  • 市民
  • 当初
  • 政権
  • 文化
  • 文筆
  • 歴史
  • 相克
  • 終戦
  • 聖書
  • 自問
  • 自身
  • 芸術
  • 芸術家
  • 著名
  • 講演
  • 転落
  • 長男
  • 長編
  • 長編小説