生年月日データベース

吉田秀和よしだひでかず

音楽評論家[日本]

1913年 9月23日

吉田秀和 - ウィキペディアより引用

■ 関連書籍

■ 音楽作品

よしだひでかず [生]1913.9.23.東京,東京[没]2012.5.22.神奈川,鎌倉音楽評論家。旧制成城高等学校在学中にドイツ語教師阿部六郎のもとで中原中也と知り合う。また吉田一穂やのちに小林秀雄などとも交流をもつ。東京帝国大学仏文科に進み,卒業後は内務省の嘱託,第2次世界大戦中は情報局に所属した。1942年にローベルト・A.シューマンの『音楽と音楽家』を翻訳し,戦後は官職を辞して音楽評論家として自立する。1953年に初の評論集『主題と変奏』を刊行するが,その間,チェリストの斎藤秀雄や作曲家の柴田南雄とともに「子供のための音楽教室」を開設,のちの桐朋学園の礎石を築く(→桐朋学園大学)。1953年より約1年欧米を回り,多くの作曲家や演奏家の生の姿にふれて交流を広げる。1957年には日本の前衛作曲家たちが大同団結した二十世紀音楽研究所の創設にかかわり所長となる。1988年に水戸芸術館館長に就任。『藝術新潮』『音楽芸術』といった雑誌上で健筆をふるい,また『読売新聞』から『朝日新聞』に演奏会批評などの場を移したあとは,幅広い読者をもつようになった。生前に全集も刊行され,日本に音楽批評を定着させた業績によって1996年文化功労者に選ばれ,2006年に文化勲章を受章した。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 音楽
  • 日本
  • 評論家
  • クラシック
  • 全集
  • 共著
  • 再編
  • 出演
  • 単著
  • 文学
  • 文庫
  • 編著
  • 美術
  • 著作
  • 訳書
  • 訳詞
  • 評論
  • 選集
  • 随筆家
  • もと
  • 体験
  • 分野
  • 役割
  • 洞察
  • 活動
  • 知識
  • 表現
  • 言葉
  • 豊富
  • 魅力