生年月日データベース

安藤広太郎あんどうひろたろう

農学者[日本]

(明治4年8月1日生)

1871年 9月15日

1958年 10月14日 死去享年88歳
安藤広太郎 - ウィキペディアより引用

関連書籍

あんどうひろたろう [生]1871.9.15.兵庫[没]1958.10.14.農学者,作物育種学者。1895年帝国大学農科大学(現・東京大学農学部)卒業後,農商務省農事試験場技手,技師を経て,1920年農林省農事試験場長。九州大学,東京大学の農学部教授を兼任。メンデルの法則など近代遺伝学の成果を,日本の主要穀物の品種改良に適用,とりわけデンマークの生物学者W.L.ヨハンセンが唱えた純系説の延長上で優良品種の育成に成功した。さらに,日本の南北に長い地理的特性を考慮して全国をいくつかの地区(育成区)に分け,それぞれの気候風土に合った優良品種を選定・育成する生態育種組織を確立した。品種に「農林番号」をつけたのも安藤の手になる。56年文化勲章を受章。主著に『日本古代稲作史雑考』(1951)がある。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 大学
  • 明治
  • 帝国
  • イネ
  • 丹波市
  • 予科
  • 兵庫県
  • 内閣
  • 加藤茂苞
  • 家族
  • 文化勲章
  • 柏原町
  • 栄典
  • 氷上郡
  • 親族
  • 農学者
  • 農科
  • 顧問
  • 世界
  • 中学校
  • 久次郎
  • 九州
  • 九州大学
  • 交配
  • 人為
  • 作成
  • 併任
  • 入学
  • 共同
  • 卒業
  • 博士
  • 受章
  • 同校
  • 商務省
  • 場長
  • 安藤
  • 成功
  • 教授
  • 新種
  • 昭和期
  • 東京
  • 東京大学
  • 現在
  • 石田
  • 補充
  • 試験
  • 転入
  • 農事
  • 農学
  • 農学部
  • 農政
  • 長男
  • 高等