生年月日データベース

早坂暁はやさかあきら

脚本家作家[日本]

(テレビドラマ「夢千代日記」「花へんろ」の脚本や小説「ダウンタウンヒーローズ」など)

1929年 8月11日

2017年 12月16日 死去腹部大動脈瘤破裂享年89歳

早坂 暁(はやさか あきら、男性、1929年8月11日 - )は、日本の小説家、脚本家。
本名は富田祥資(とみた よしすけ)。
愛媛県温泉郡北条町(現松山市)生まれ。
人物・略歴 遍路道の商家で生まれ育ち、幼少の頃からお遍路さんに接した。
旧制松山中学を経て、海軍兵学校在学中に終戦。
被爆直後の広島の惨状を目撃している。
旧制松山高等学校卒業後、東大医学部に合格するも、医業に疑問を持ち入学せず、日本大学芸術学部演劇学科に進学し同校卒業。
新聞社編集長を経て、いけばな評論家として活躍。
日本テレビで制作・放送された『ノンフィクション劇場』には、放送作家として全作品に関わる。
その後1000本以上の映画やドラマの脚本、小説を手がけ、常に庶民の目線で独自の作風を築く。
ドキュメンタリーや舞台脚本、演出も手がける。
代表作は『天下御免』『夢千代日記』『花へんろ』『ダウンタウン・ヒーローズ』『華日記・昭和生け花戦国史』『戦艦大和日記』など。
必殺シリーズでは脚本をはじめ、オープニングナレーションも多数手掛けている。
なかでも『必殺からくり人』の脚本は史実と虚・世相を織り交ぜながらの巧みなストーリとなっており、既存の必殺シリーズとは一線を画した内容で評価が高い。

映像作品

関連書籍

音楽作品

DMMメディア

脚本家。作家。シナリオ・ライター。 1929年(昭和4年)8月11日、生まれ。2017年(平成29年)12月16日、死去。 愛媛県出身。本名は富田祥資(トミタ・ヨシスケ)。 日本大学芸術学部演劇科卒。大学卒業後、業界紙の編集長、出版事業に携わる傍らで、脚本の執筆を開始。 1961年『ガラスの部屋(日本テレビ)』で脚本家デビュー。以降、様々な映画、ドラマ、時代劇に携わった。 必殺シリーズのオープニングナレーションを担当したことでも有名。氏が執筆した『必殺からくり人』第2話「津軽じょんがらに涙をどうぞ」は、ギャラクシー賞を受賞している。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 作品
  • アニメ
  • テレビ
  • テレビドラマ
  • リスト
  • 交流
  • 人気
  • 作詞
  • 受勲
  • 受賞
  • 学部
  • 小説家
  • 愛媛県
  • 日本大学
  • 映画
  • 松山市
  • 渥美清
  • 温泉郡
  • 脚本家
  • 芸術
  • 著書
  • よしすけ
  • 北条市
  • 北条町
  • 卒業
  • 学科
  • 富田
  • 本名
  • 演劇