生年月日データベース

はづき藍

タレント脚本家、映画評論家[日本]

1978年 8月2日 生 (満40歳)

はづき 藍(はづき あい、1978年8月2日 - )は、日本の脚本家、映画評論家。
本名:相川 はづき(あいかわ はづき)。
血液型はO型。
北海道生まれ。
4歳でニューヨークに移住。
帰国後はインターナショナル・スクールに8年通う。
その後一般枠で東京大学に入学。
環境汚染とサイエンスフィクションを交えたオリジナル脚本が審査員の目にとまり、当時現役東大理学部生でありながら2000年クラリオンガールに映画監督として抜擢される。
2001年には大学を休学し、監督業に専念する。
クラリオンガール発表を新聞で見た、映画プロデューサーの奥山和由に声をかけられ、以来仲良くなる。
はづき藍は、2001年に奥山の人生を綴るドキュメンタリー映画「YANCHA」を完成。
「YANCHA」は奥山の幼少時代のエピソードや実の母親のインタビューを含み、奥山の知らざれる一面を描写。
海外の観賞者のためにナレーションは英語である。
以後、奥山がプロデュースした一ノ瀬泰造の映画「TAIZO」にも貢献している。
クラリオンガール選出後もテレビやCM出演などで芸能活動を続けるが、2003年に「テレビに出たりするのは嫌いじゃないけど、制作が一番おもしろいから」という理由で渡米。

連想語句
  • 奥山
  • ガール
  • クラリオン
  • 映画
  • インターナショナル
  • サイエンス
  • スクール
  • ニューヨーク
  • フィクション
  • 作品
  • 北海道
  • 奥山和由
  • 東京大学
  • 汚染
  • 理学部
  • 環境
  • 監督
  • 資料
  • インタビュー
  • エピソード
  • オリジナル
  • ドキュメンタリー
  • ナレーション
  • プロ
  • プロデューサー
  • 一般
  • 一面
  • 人生
  • 以後
  • 休学
  • 入学
  • 大学
  • 完成
  • 審査
  • 専念
  • 帰国
  • 幼少
  • 当時
  • 抜擢
  • 描写
  • 新聞
  • 時代
  • 東大
  • 母親
  • 海外
  • 現役
  • 発表
  • 移住
  • 脚本
  • 英語
  • 観賞