生年月日データベース

塚田正夫

将棋棋士[日本]

1914年 8月2日

塚田 正夫(つかだ まさお、1914年(大正3年)8月2日 - 1977年(昭和52年)12月30日)は、将棋棋士。
名誉十段。
日本将棋連盟会長(1974年 - 1976年)。
勲四等旭日小綬章受章(追贈、1978年)。
紫綬褒章受章(1975年)。
花田長太郎九段門下。
棋士番号は11。
東京都文京区出身。
1947年、戦前から無敵を誇っていた木村義雄名人を破って名人位を獲得。
実力名人制となって以降、2人目の名人となる。
翌年は大山康晴の挑戦を退けて防衛したが1949年に木村に敗れて失冠。
この名人戦の最終第五局(この年だけ五番勝負だった)は「済寧館の決戦」といわれた名勝負となったが、塚田の潔い投了が話題となった。
一方、九段戦(のちの十段戦、現在の竜王戦)では3連覇(その後4連覇まで記録を伸ばす)した功績により初の「永世九段」となる。
なお、1973年に「名人1期、その他のタイトル3期で九段」と規約が改正された際にまだ現役であったにもかかわらず九段に昇段した記録がなく、段位としては八段のままである(ただし、岩波新書の大山康晴「昭和将棋史」など、永世九段時代の塚田との棋譜の肩書を「九段 塚田正夫」と表記している例が将棋棋士の著書にも見られる)。

関連書籍

将棋棋士。名誉十段。実力制第二代名人。大正3年東京市小石川区白山御殿町生まれ、昭和52年63歳で没。 昭和22年に木村名人を破り、第6期名人獲得。翌年、大山康晴と戦い、防衛。翌々年、第8期名人位を木村前名人と戦い、失冠。 詰将棋にも造詣が深く、著書に「塚田詰将棋代表作」がある。 (引用元 Hatena Keyword)