生年月日データベース

アンドロニコス3世パレオロゴスAndronikos III Palaiologos

ローマ帝国皇帝[東ローマ帝国]

(ユリウス暦) 1297年 3月25日

(ユリウス暦) 1341年 6月15日 死去享年45歳
アンドロニコス3世パレオロゴス - ウィキペディアより引用

アンドロニコス3世パレオロゴス(ギリシア語:Ανδρόνικος Γ' Παλαιολόγος (Andronikos III Palaiologos)、1297年3月25日 - 1341年6月15日)は、東ローマ帝国パレオロゴス王朝の第4代皇帝(在位:1328年5月24日 - 1341年6月15日)。
同王朝第2代皇帝アンドロニコス2世パレオロゴスの孫で、同・第3代(共同)皇帝ミカエル9世パレオロゴスと皇后マリアの子。
同名の祖父と区別する意味で「少帝(Νέος)」と呼ばれることもある。
生涯 1313年頃には父ミカエル9世に続いて祖父アンドロニコス2世の共同皇帝・帝位継承者に引き上げられる。
しかし帝位継承者に相応しくない品行の悪さ故に祖父からは次第に遠ざけられていった。
父ミカエルが死去する契機となった1320年の事件については、彼が祖父を殺そうとしていたことが露見した、あるいは恋愛沙汰の巻き添えで弟マヌエル専制公を殺してしまった、などいくつかの説があり、その全てが事実であるとも考えられている。

連想語句
  • パレオロゴス
  • 生涯
  • ミカエル
  • 皇帝
  • 祖父
  • アンドロニコス
  • ローマ
  • 王朝
  • 共同
  • 家族
  • 帝位
  • 帝国
  • 皇后
  • 継承者
  • 評価
  • マリア
  • リタ
  • 事件
  • 区別
  • 品行
  • 在位
  • 契機
  • 少帝
  • 巻き添え
  • 恋愛
  • 悪さ
  • 死去
  • 沙汰
  • 露見