生年月日データベース

テオドシウス1世Flavius Theodosius

ローマ帝国皇帝[ローマ帝国]

(ユリウス暦) 0347年 1月11日

(ユリウス暦) 0395年 1月17日 死去享年48歳
テオドシウス1世 - ウィキペディアより引用

『テオドシウス』より : テオドシウス1世(フラウィウス・テオドシウス、Flavius Theodosius, 347年1月11日 - 395年1月17日)は、古代ローマ帝国の皇帝(在位 379年 - 395年)。
テオドシウス大帝とも呼ばれる。
わずか1年間ではあったが、東西に分裂していたローマ帝国を統一し、一人で支配した最後の皇帝となった。
死後にローマ帝国は再び東西に分けられ、永久に統一されることはなかった。
392年にキリスト教を東ローマ帝国の国教に定め、のちに西ローマ帝国および統一ローマにおいても同じくした。
生涯 テオドシウスは、347年ローマ帝国の上級将校だった大テオドシウスの息子としてカウカ(現在のスペインのコカ)に生まれた。
368年にブリタンニアで発生した軍の反乱の鎮圧のために現地に赴いた父に同行し、374年には、モエシア(ドナウ川下流のローマ属州)の軍司令官になった。
しかし、375年に反乱の疑いをかけられ父が処刑されると、テオドシウスは軍を退役し、生まれ故郷のカウカに退いた。

テオドシウスいっせいTheodosiusI [生]347.ヒスパニア,カウカ[没]395.1.17.メディオラヌムローマ皇帝(在位379~395)。大帝と尊称される。有能な軍人だった父が処刑されたのち故郷にいたが,グラチアヌス帝に招かれ,379年共治帝としてローマ帝国東方を支配することとなった。382年ゴート人と条約を結び,兵力提供を条件に彼らの帝国領内への定着と自治を認めた。387年にはイタリアの反乱者マクシムスを破って,ウァレンチニアヌス2世に西方統治をゆだねた。380年キリスト教に帰依し,392年これを国教とし,異端アリウス派を弾圧,大神官職を廃し,オリュンピア競技も禁止した。389年マクシムスの乱鎮圧後ローマに入るが,翌年多数の処刑者を出して聖アンブロシウスの怒りを買った。392年西方帝ウァレンチニアヌス2世が急死すると,フランク人アルボガストが反乱を起したが,これを破り帝国を統一した(394)。死後帝国は息子のアルカディウス,ホノリウスにより東西に分割された。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 出典
  • テオドシウス
  • カウカ
  • コカ
  • スタイル
  • マニュアル
  • レイアウト
  • ローマ
  • 出生
  • 在位
  • 死去
  • 皇帝
  • 硬貨
  • 追加