生年月日データベース

田中隼磨たなかはゆま

男子サッカー選手[日本]

1982年 7月31日 生 (満36歳)

田中 隼磨(たなか はゆま、1982年7月31日 - )は、長野県松本市出身のプロサッカー選手。
松本山雅FC所属。
ポジションはMF、DF。
主に右サイドで起用される。
桑田真澄のファンで野球をしていた父親は隼磨を野球選手にしたいと考え、小学校1、2年は足腰を鍛えるためにサッカーを、3年生からは野球をさせていた。
しかし、小学校6年の時に肩を痛めたことでサッカーに転じる。
中学時代は当時長野県の少年サッカー界に君臨したFC松本ヴェガでプレーした。
卒業後は単身横浜フリューゲルスのユースに加入、フリューゲルスの消滅後は横浜F・マリノスユースへ移籍した。
当時は金子勇樹とのコンビで中盤の底を務め、豊富な運動量でクラブユース選手権優勝に大きく貢献。
高円宮杯、Jユースカップでも3位、更にユースチームが天皇杯予選の決勝まで進出するなどの活躍に貢献し、トップチームにも2種登録選手として出場した。
坂田大輔はフリューゲルスユース時代からの同期。
横浜商大高卒業後、トップ昇格した2001年はトップチームの補強の失敗から新人ながらも多くの試合に出場するも結果は出せず、第2ステージ以降の緊急補強で出番を失う。

関連書籍

DMMメディア

サッカー選手。ポジションはディフェンダー(右サイドバック)、ミッドフィルダー。 1982年7月31日生まれ。長野県松本市出身。 身長174cm、体重64kg。血液型O型。 驚異的なスタミナが武器の右サイドバック。 2006年、サッカー日本代表(A代表)に初選出。国際Aマッチ1試合出場。 プロ公式戦初出場:2000年12月13日・三ツ沢球技場 横浜F・マリノス2−0福岡大学 Jリーグ初出場:2001年3月10日・横浜国際総合競技場 横浜F・マリノス0−1ヴィッセル神戸 Jリーグ初ゴール:2002年7月27日・日本平スタジアム 清水エスパルス1−2東京ヴェルディ1969 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • クラブ
  • 個人
  • 代表
  • 所属
  • タイトル
  • 成績
  • 松本山雅
  • 桑田真澄
  • 私生活
  • 評価
  • 試合
  • 野球
  • 関連
  • サッカー
  • ソース
  • ディフェンダー
  • ファン
  • ポジション
  • ミッドフィールダー
  • 小学校
  • 日本
  • 父親
  • 起用
  • 足腰
  • 選手
  • 隼磨