生年月日データベース

宇野浩二うのこうじ

作家[日本]

1891年 7月26日

1961年 9月21日 死去享年71歳
宇野浩二 - ウィキペディアより引用

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

うのこうじ [生]1891.7.26.福岡[没]1961.9.21.東京小説家。1911年早稲田大学英文科に入学したが中退。島村抱月訳のトルストイの『戦争と平和』の下訳が機縁で広津和郎を知り,広津の仲介で『蔵の中』(1919)を発表,次作の『苦の世界』(19)とともに人間の生きる姿の悲惨と滑稽を大阪人らしい気どりのない饒舌体で軽妙に描いて認められた。その後,作風の幅を広げ,一種の永遠の女性に対する思慕,人生の暗さや重さに耐える人間の浪漫的な憧れを描いた『夢みる部屋』(22),『山恋ひ』(22),人生観照をさらに深めた『子を貸し屋』(23)などで大正文壇の異色の作家に数えられた。大正の末,健康を害し一時創作力が衰えたが,『枯木のある風景』(33),『枯野の夢』(33),『子の来歴』(33)などで復活,『夢の通ひ路』(37),『器用貧乏』(38)などの代表作を発表,簡潔,素朴,冷静な観察者の手法で注目を集めた。晩年は『芥川龍之介』(53)などの文学的回想が多く,また広津和郎の影響で松川事件に関心をもち『世にも不思議な物語』(53)を書くなど,先人への敬慕と現実への凝視のうちにきびしい創作態度を持した。私小説の弱点を最もよく知っていた私小説作家といわれる。ほかに『思ひ川』(51)。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 福岡県
  • 作家
  • 小説家
  • 宇野
  • 早稲田大学
  • 福岡市
  • 世界
  • 中退
  • 代表作
  • 器用貧乏
  • 学歴
  • 小説
  • 文科
  • 日本
  • 最終
  • 本名
  • 格次郎
  • 死没
  • 浩二
  • 湊町
  • 職業
  • 誕生