生年月日データベース

アルフレッド・マーシャルAlfred Marshall

経済学者[アメリカ]

1842年 7月26日

1924年 7月13日 死去享年83歳
アルフレッド・マーシャル - ウィキペディアより引用

アルフレッド・マーシャル(英語: Alfred Marshall、1842年7月26日 - 1924年7月13日)は、イギリスの経済学者。
新古典派の経済学を代表する研究者。
ケンブリッジ大学教授を務め、ケンブリッジ学派と呼ばれる学派を形成した。
同大学の経済学科の独立にも尽力した。
主著は、『経済学原理』("Principles of Economics", 1890年)。
ジョン・メイナード・ケインズやアーサー・セシル・ピグーを育てたことでも知られる。
マーシャルは、彼の時代において最も有力な経済学者の一人となった。
彼の主著『経済学原理』では需要と供給の理論、すなわち限界効用と生産費用の首尾一貫した理論を束ね合わせた。
この本は長い間、イギリスで最も良く使われる経済学の教科書となった。
伝記 マーシャルは、1842年ロンドンのベルモンジー (Bermondsey) で生まれた。
ロンドン郊外のクラパン (Clapham) で成長し Merchant Taylor's School で教育を受け、そこで数学に対する素質を現した。

関連書籍

  • タイトル
    マーシャル クールヘッド & ウォームハート
    著者
    アルフレッド・マーシャル
    発売元
    ミネルヴァ書房
    ページ数
    320ページ
    発売日
    2014-10-16
    新品価格
    ¥ 3,780
    中古商品
    ¥ 6,645 より
  • タイトル
    雇用・利子および貨幣の一般理論 ─まんがで読破─
    著者
    ケインズ
    発売元
    イースト・プレス
    ページ数
    385ページ
    発売日
    2015-06-15
    新品価格
    中古商品
  • タイトル
    経済学原理 3
    著者
    アルフレッド・マーシャル
    発売元
    東洋経済新報社
    ページ数
    348ページ
    発売日
    1966
    新品価格
    中古商品
    ¥ 15,925 より
  • タイトル
    経済学原理 2
    著者
    アルフレッド・マーシャル
    発売元
    東洋経済新報社
    ページ数
    353ページ
    発売日
    1966
    新品価格
    中古商品
    ¥ 7,050 より
  • タイトル
    ケインズの闘い―哲学・政治・経済学・芸術
    著者
    ジルドスタレール
    発売元
    藤原書店
    ページ数
    699ページ
    発売日
    2008-09-30
    新品価格
    ¥ 6,048
    中古商品
    ¥ 1,246 より
  • タイトル
    経済学原理 1
    著者
    アルフレッド・マーシャル
    発売元
    東洋経済新報社
    ページ数
    278ページ
    発売日
    1965
    新品価格
    中古商品
  • タイトル
    序論 (マーシアル『経済学原理』)
    著者
    アルフレッド:マーシャル
    発売元
    改造社
    ページ数
    378ページ
    発売日
    1928-05-20
    新品価格
    中古商品
  • タイトル
    生産要因。土地・労働・資本・組織 (経済学原理)
    著者
    アルフレッド:マーシャル
    発売元
    改造社
    ページ数
    290ページ
    発売日
    1928-07-03
    新品価格
    中古商品
  • タイトル
    産業貿易論
    著者
    アルフレッド・マーシャル
    発売元
    東京宝文館
    ページ数
    発売日
    1923
    新品価格
    中古商品
  • タイトル
    経済原論
    著者
    アルフレッド・マーシャル
    発売元
    早稲田大学出版部
    ページ数
    発売日
    1908
    新品価格
    中古商品

英国の経済学者. アルフレッド・マーシャル Alfred Marshall. 1842-1924 ケンブリッジ学派の創始者で,新古典派の代表的学者. ケンブリッジ大学で数学を学び,当時の社会風潮の影響のもと形而上学・倫理学から経済学に到達し,ケンブリッジ大学の教授となる. 1890年『経済学原理』によって古典学派の発展的継承を試み,弟子であったケインズの『雇用・利子および貨幣の一般理論』が世に出るまでは学界のバイブル的存在として近代経済学に大きな影響を与えた.ピグーやケインズら多くの経済学者を育成したことでも知られる. マーシャルの理論は古典学派の生産費説を限界効用理論によって補強し,その価値論や蓄積論に長期・短期の時間要素を導入.また固定資本の収益に地代論を適用し,賃金論においては生存費説を捨てて生活水準向上の可能性を説いた. (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 経済
  • ケンブリッジ
  • マーシャル
  • 古典
  • 大学
  • 学者
  • アーサー
  • ケインズ
  • ジョン
  • セシル
  • ピグー
  • メイナード
  • 主著
  • 伝記
  • 供給
  • 原理
  • 学派
  • 所得
  • 流通
  • 理論
  • 語録
  • 貢献
  • 資料
  • 速度
  • 限界効用
  • 需要
  • イギリス
  • リス
  • 一人
  • 代表
  • 学科
  • 尽力
  • 形成
  • 教授
  • 教科書
  • 時代
  • 有力
  • 独立
  • 生産
  • 研究者
  • 費用
  • 関連
  • 首尾一貫