生年月日データベース

藤本四八ふじもとしはち

写真家[日本]

1911年 7月25日

藤本 四八(ふじもと しはち、1911年(明治44年)7月25日 - 2006年8月19日)は、日本の写真家。
古美術を撮影した写真作品で知られる。

長野県飯田市松尾に生まれる。
美術雑誌・美術本編集者の藤本韶三は兄である。

1927年(昭和2年)旧制飯田商業学校(現在の長野県飯田長姫高等学校)を中退し家業を手伝いながら画家を志す。
1931年(昭和6年)に東京へ行き金丸重嶺の金鈴社フォトスタジオに入社。
1934年に日本デザイン社に転職。

1937年(昭和12年)に名取洋之助が主催する日本工房に入り、『NIPPON』誌上で土門拳らと共に活動する。

1938年(昭和13年)土門拳、濱谷浩、光墨弘、田村茂、林忠彦、加藤恭平 (写真家)、杉山吉良らと「青年報道写真研究会」を結成
1939年(昭和14年)に従軍カメラマンとなり、中国戦線、フィリピン、インドシナを転戦したのち1940年(昭和15年)に帰国。
国際報道工芸株式会社(日本工房の後身)の写真部長となる。

関連書籍

ふじもと-しはち 1911-2006昭和-平成時代の写真家。明治44年7月25日生まれ。藤本韶三(しょうぞう)の弟。昭和12年名取洋之助の日本工房にはいり,戦後は「週刊サンニュース」スタッフをへて24年フリーとなる。以後古美術写真に力をそそぎ,27年写真集「日本の彫刻」で毎日出版文化賞,40年「装飾古墳」で日本写真協会年度賞,毎日出版文化賞。日本写真家協会会長などをつとめた。平成18年8月19日死去。95歳。長野県出身。 (引用元 コトバンク)

「藤本四八」と関連する人物

連想語句
  • 長野県
  • 学校
  • 昭和
  • 飯田
  • 下伊那郡
  • 写真
  • 受勲
  • 受賞
  • 名取洋之助
  • 日本
  • 明治
  • 美術
  • 藤本
  • 重嶺
  • 金丸
  • 長姫
  • 飯田市
  • 高等
  • スタジオ
  • デザイン
  • フォト
  • 上京
  • 中退
  • 主催
  • 作品
  • 入社
  • 商業
  • 家業
  • 旧制
  • 松尾村
  • 現在
  • 画家
  • 編集者
  • 転職
  • 金鈴
  • 雑誌