生年月日データベース

中上貴晶なかがみたかあき

オートバイレーサー[日本]

1992年 2月9日 生 (満27歳)

中上 貴晶(なかがみ たかあき、1992年2月9日 - )は、日本のモーターサイクル・ロードレースライダーである。
プロフィール 出身地:千葉県千葉市 現在クラス:ロードレース世界選手権 Moto2クラス 4歳よりポケバイに乗り始め、1998年(6歳)でポケバイレースデビューし優勝を記録する。
富沢祥也とはこの時からのライバルであり、親友であった。
2001年(9歳)からミニバイクレースに出場。
ミニバイク全国大会で優勝し、最年少出場・優勝を記録する。
その後もミニバイクレースで優勝を続け、全国大会では3年連続優勝を果たす。
2004年よりロードレースに参戦し、2005年は全日本ロードレース選手権GP125クラスにスポット参戦し、シリーズ13位となり、MFJルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞する。
そして、2006年は全日本ロードレース選手権GP125クラスにフル参戦し、6戦6勝の完全優勝を史上最年少で記録した。
またMotoGPを運営するDORNAが開く「MotoGPアカデミー」に参加、その一環としてスペイン選手権への海外遠征も行った。

映像作品

関連書籍

ロードレースライダー。千葉県出身。1992年2月9日生まれ。 富沢祥也とはミニバイクレース時代からの好敵手であった。 2006年の全日本ロードレース選手権GP125クラスにおいて完全優勝を果たし、2007年からはロードレース世界選手権125ccクラスに参戦。 2010年にはシートを見つけられず、やむなく国内復帰。しかしながら、同年の鈴鹿8時間耐久レースで優勝、また翌2011年には全日本ロードレース選手権J-GP2クラスチャンピオンに輝く。 2012年よりロードレース世界選手権Moto2クラスに参戦中。 (引用元 Hatena Keyword)