生年月日データベース

上野由岐子うえのゆきこ

ソフトボール選手[日本]

1982年 7月22日 生 (満36歳)

上野 由岐子(うえの ゆきこ、1982年7月22日 - )は、福岡県福岡市出身のソフトボール選手(投手)。
背番号17。
右投右打。
愛称は「うえぴー」。
女子ソフトボール日本代表。
2004年アテネオリンピック銅メダリスト、2008年北京オリンピック金メダリスト。
九州女子高等学校(現・福岡大学附属若葉高等学校)出身、ビックカメラ女子ソフトボール高崎所属。
小学校3年生からソフトボールを始め、ピッチャーとして活躍。
小学校で県大会優勝、柏原中学校で全国制覇。
九州女子高等学校2年の時最年少で参加した1999年世界ジュニア選手権でエースとして優勝に貢献。
ジュニア離れした速球(球速は高校生時で107km/h、日本人最速を記録していた)でオリエンタル・エクスプレスの異名を取った。
2000年のシドニーオリンピック候補にも名前が挙がったが、高校の体育の授業中に怪我(走り高跳びの背面跳びの授業でマットのない地面に落ち、腰椎を骨折)をし、シドニー行きを断念。

映像作品

関連書籍

DMMメディア

  • ソフトボーイ
  • 逃走中16〜run for money〜【エピソード1・ハンター誕生編】
  • ソフトボーイ
  • 情熱力。 アスリート「上野由岐子」からの熱いメッセージ
  • サムライ・ハート上野由岐子

うえの-ゆきこ 1982-平成時代のソフトボール選手。昭和57年7月22日生まれ。投手(右投げ右打ち)。平成13年日立高崎ソフトボール部(現・ビックカメラ女子ソフトボール高崎)にはいり,同年新人賞。最高記録117km/hのストレートを武器に14年・15年・17年・20年・21年と5回の最高殊勲選手賞(MVP)を獲得。アテネ五輪では3勝をあげて銅メダル。20年北京五輪では準決勝戦,決勝進出決定戦,決勝戦を投げぬいて日本チームの金メダルに貢献した。福岡県出身。九州女子高卒。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • オリンピック
  • ソフトボール
  • ナイトゲーム
  • 北京
  • 女子
  • 投手
  • 決勝
  • 学校
  • 高等
  • アテネ
  • スタイル
  • デーゲーム
  • トーナメント
  • ビックカメラ
  • プレー
  • メダリスト
  • 年度
  • 成績
  • 決定
  • 準決勝
  • 福岡大学
  • 競技
  • 若葉
  • 詳細
  • 附属
  • 高崎
  • うえ
  • タイトル
  • 九州
  • 代表
  • 出身
  • 右打
  • 右投
  • 愛称
  • 所属
  • 日本
  • 背番号