生年月日データベース

キャサリン・ヌデレバCatherine Ndereba

マラソン選手[ケニア]

1972年 7月21日 生 (満46歳)

キャサリン・ヌデレバ - ウィキペディアより引用

キャサリン・ヌデレバ(Catherine Ndereba、1972年7月21日 - )は、ケニアのニエリ出身の女子マラソン選手。
2001年10月7日にシカゴマラソンを2時間18分47秒で走り当時の世界記録を達成、この記録は2013年7月現在も世界歴代4位の記録である。
日本のメディアでは、「ンデレバ」「デレバ」の表記も見られたが、アテネオリンピック以降はほぼ「ヌデレバ」で統一されている。
マラソンは出産後のダイエットのために始めた。
ママさんランナーとして、世界の一流選手として活躍している。
妹のアナスタシア・ヌデレバも2時間29分03秒の記録を持つマラソンランナー。
幼少の頃は、妹の方が断然足が速かったが、妹が転んで脚を痛めてからは、一度も妹に負けた事がないらしい。
女子マラソンでは、オリンピックや世界陸上選手権などの大きな試合で、抜群の安定感を誇っている。
オリンピックでは2004年アテネ大会と2008年北京大会で、2大会連続の銀メダルを獲得。
世界陸上選手権では2003年のパリ大会から2007年の大阪大会まで、金メダル2個・銀メダル1個という成績を残している。

Catherine Ndereba 陸上競技(マラソン)選手。 1972年7月21日生まれ、ケニア出身。 2001年のシカゴマラソンで当時世界最高の2時間18分47秒を記録。高橋尚子がベルリンマラソンでマークした世界最高記録をわずか7日後に塗り替えた。 2004年アテネオリンピックは野口みずきに敗れ銀メダル。 2008年北京オリンピックでは中盤で飛び出したコンスタンティナ・トメスクを見落とし、またも銀メダルに終わった。 1997年に第一子を出産しており、ママさんランナーとしても有名である。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • マラソン
  • 世界
  • 記録
  • ヌデレバ
  • オリンピック
  • アテネ
  • アナスタシア
  • シカゴ
  • スタイル
  • ランナー
  • レース
  • 戦績
  • 最高
  • ダイエット
  • デレバ
  • ママ
  • メディア
  • ンデレバ
  • 一度
  • 一流
  • 以降
  • 出産
  • 女子
  • 幼少
  • 当時
  • 日本
  • 歴代
  • 活躍
  • 現在
  • 統一
  • 近代
  • 達成
  • 選手
  • 陸上