生年月日データベース

ゲルト・ビーニッヒGert Binnig

物理学者[西ドイツ]

1947年 7月20日 生 (満71歳)

ゲルト・ビーニッヒ(Gerd Binnig, 1947年7月20日 - )はドイツの物理学者である。
1986年走査型トンネル顕微鏡の発明の功績により、ハインリッヒ・ローラーとともにノーベル物理学賞を受賞した。
走査型トンネル顕微鏡は非常に鋭く尖った探針を導電性の物質の表面に近づけ、流れるトンネル電流から表面の0.5 nmから1.0 nmという原子レベルの分解能で電子状態や構造などを観測するものである。
走査型トンネル顕微鏡と原子間力顕微鏡という原子レベルの表面形状観察に欠かせない装置を発明した、走査型プローブ顕微鏡の始祖と言うべき存在である。
1947年、西ドイツ(当時)のフランクフルト・アム・マインで長男として生まれた。
10歳頃から物理学者を志したが、10代の間はバンド活動に没頭した。
弟の影響で、ビートルズやローリング・ストーンズを好んだ。
1966年にオッフェンバッハのギムナジウムでアビトゥーア資格を得て、1969年に、後に心理学者となるローレ・ヴァーグラー (Lore Wagler) と結婚している。

連想語句
  • 顕微鏡
  • トンネル
  • 原子
  • 走査
  • 表面
  • アム
  • オッフェンバッハ
  • ギムナジウム
  • ストーンズ
  • ドイツ
  • ノーベル
  • ハインリッヒ
  • バンド
  • ビートルズ
  • フランクフルト
  • プローブ
  • マイン
  • レベル
  • ローラー
  • ローリング
  • 探針
  • 物理学賞
  • 状態
  • 発明
  • 西
  • 電子
  • 電流
  • アビト
  • ンネル
  • 分解能
  • 功績
  • 受賞
  • 始祖
  • 学者
  • 導電性
  • 当時
  • 形状
  • 影響
  • 構造
  • 没頭
  • 活動
  • 物理
  • 物質
  • 装置
  • 観察
  • 観測
  • 長男
  • 音楽